生きて

<3> 野球との出合い 制球のよさでエースに

生きて プロ野球広島東洋カープ元投手 安仁屋宗八さん(1944年〜)2017/1/27 9:00
中学野球部のチームメートと(右端)

中学野球部のチームメートと(右端)

 小学4年生の頃、兄の影響を受けて野球を始めた

 沖縄で野球は盛んだった。米国の統治下にあったからだろう。ただ、今みたいに少年チームはなく、友達と校庭で楽しんだ。物がない時代。最初に使ったグラブは、テントの布きれに雑巾を入れて縫ったものだった。バットはたき火にくべるような木材で、まりをボール代わりにしていた。
(ここまで 154文字/記事全文 833文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

生きて プロ野球広島東洋カープ元投手 安仁屋宗八さん(1944年〜)の最新記事
一覧

  • <15> カープOB会長 コイ談議、一番の楽しみ (2/15)

     約140人が会員となっているカープOB会の会長として4年目を迎えた 活動の中心は小中学生の野球教室。広島、尾道、岩国市などで年10回程度開いている。少年野球で教えるのもまずはあいさつ。技術的なことは...

  • <14> 解説者 順位予想、カープV貫く (2/14)

     2軍監督を辞め、1998年から地元放送局の解説者をしている マツダスタジアムで試合がある時は自然と足が球場に向く。解説の仕事がなくても欠かさず、午後3時に球場入りして練習を見る。選手や首脳陣と触れ合...

  • <13> 指導者 投手王国、自主性を重視 (2/11)

     1981年に現役を引退。翌82年から通算17年、投手コーチや2軍監督を務めた 指導者は向いていないと思っていた。真面目ではないから。球団から打診された時は、教えることができるか不安だった。

  • <12> 古巣復帰 衰え隠せず引退を決意 (2/10)

     1979年オフ、阪神から広島に移籍し、古巣に復帰した 阪神監督のドン・ブレイザーと確執があった。その年の春季キャンプでほかの2投手とランニングシューズでウオーミングアップしていた。ほかの選手はみんな...

  • <11> 阪神へ移籍 反骨心でタイトル奪取 (2/9)

     1974年オフ、球団から阪神への移籍を言い渡された きっかけは、その年の春にあったと思う。開幕直前、1軍打撃コーチのジョー・ルーツから「サイドスローに変えろ」と言われた。「なぜキャンプの時に言わない...

 あなたにおすすめの記事