コラム・連載・特集

顧問暴言、すさむ部活 人格否定「未熟な行為」

2018/7/3 0:00
息子が受けた暴言を記録した父親のノート(画像の一部を修整しています)

息子が受けた暴言を記録した父親のノート(画像の一部を修整しています)

 「学校の部活動で、息子がひどい指導を受けている」。そんな電話が編集局に寄せられたのは、日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題が起きた直後だった。指導者の暴言や威圧的な態度に追い詰められる学生の姿が、息子と重なって映るという。会って話を聞いた。

 ▽反論できない

 電話の主は、広島県内の公立高に通う男子生徒の父親だった。息子が所属する運動部の男性顧問の暴言がひどく、子どもたちは顔色をうかがう日々だと窮状を訴えた。「殴る蹴るだけが暴力ですか。心の傷は消えませんよ」

 父親が持参したメモは、息子から聞き取った顧問の言動で埋まっていた。「バカが。クソガキが。もう学校も辞めたら?」

 部員を並ばせて練習態度や学業の成績をあげつらい、すごむ。期待に沿うプレーができない選手を無視する。そうされても指導を求め、「お願いします」と懇願する部員たち―。

 息子は、顧問の理不尽さに不満を募らせるが、怖くて反論できないという。父親は強い口調で指摘する。「人格を否定するような言動が繰り返されて、子どもの心がすさんでいる。生徒を信じ、主体性を育もうとの姿勢もない。『厳しさ』を履き違えた指導だ」

 別の公立高運動部に所属する男子生徒の父親も、編集局に電話をかけてきた。それも驚かされる内容だった。

 男性顧問は部活動に休養日を設けず、長時間練習を部員に課していた。その方針に対し、外部から苦情があったらしい。顧問は部員を集めると、こう言い放った。「おまえらの親がチクりやがって。部の伝統を邪魔するんがおる」と。

 休養日の設定は体調管理の観点から、文部科学省などが重ねて学校に求めている対応だ。電話口の父親は「教員が時代の変化に追いついていない。暴言で、古い考えを押し通そうとしている」と嘆いた。

 ▽毅然と対応を

 威圧的な指導は、なぜまかり通るのか。ある母親は「子どもが人質に取られているようなもの。何も言えない」とこぼす。行動すればわが子が居場所を失い、内申点にも悪い影響が出るかもしれないと不安がる。

 保護者や生徒の中には、勝利至上主義の「熱血顧問」を求める声もある。部活動の好成績は推薦入試の材料になるからだ。学校側も、強豪であることを特色として打ち出したいため、熱血指導を黙認するきらいがある。

 「暴言などで精神的苦痛を与えることも体罰。感情に任せた未熟な行為だ」。学校の体罰問題に詳しい安田女子大の竹田敏彦教授(学校教育学)はそう断じる。「謙虚に教育観を省みて、生徒の人格形成を後押しするプロとして、ふさわしい行動かどうか自問してもらいたい」と話す。

 さらに竹田教授は、学校に自浄する力を求める。「同僚の暴言を傍観していないか。部活動の成果を重視するあまり、実績あるベテランに物を言えない雰囲気はないか。校長など管理職が毅然(きぜん)とした態度で、体罰は決して許されないとの認識を示さなくてはならない」(奧田美奈子)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報