コラム・連載・特集

平和公園の将棋、姿消す? トイレ移設、広島市が用具倉庫撤去へ

2018/10/23 0:00
平和記念公園で、将棋や囲碁を楽しむお年寄り。奥がトイレに併設されている倉庫

平和記念公園で、将棋や囲碁を楽しむお年寄り。奥がトイレに併設されている倉庫

 「平和記念公園で、将棋や囲碁ができなくなる。半世紀続く憩いの場なのに」。こんな悩みがつづられた手紙が編集局に届いた。差出人は広島市安佐南区の愛好家の男性(76)。一体、何が起きたのだろうか。早速、公園へ向かった。

 秋晴れの昼下がり。広島国際会議場(中区)北側の公衆トイレそばの木陰で、約40人のお年寄りが将棋や囲碁を楽しんでいた。確かに平和記念公園では見慣れた光景だ。市内の愛好家が集っては、気の向くままに楽しんでいるという。

 ▽「盤の保管場所」

 手紙を寄せてくれた男性に会えた。「将棋盤や木製の椅子の保管場所が、のうなってしまうんよ」と訴える。市の公衆トイレの倉庫(4平方メートル)を使用させてもらってきたが、本年度いっぱいでトイレごと撤去されるらしい。

 「自転車やバスで通うのに、重たい盤を持ってくるわけにもいかん。年寄りの居場所なのに…」。周りの男性からも怒りや戸惑いの声が聞こえてきた。

 ▽維持管理に不要

 公園を管理する市の担当者によると、トイレは1981年建設。老朽化のため撤去し、公園内の別の場所に移設される。愛好家は代わりの倉庫の設置を求めているが、市は「公園の維持管理のために必要な施設と言えず認められない。将棋を楽しむのは構わない」との立場だ。

 そもそも平和記念公園での「青空将棋」はいつ頃始まったのだろう。中国新聞で探すことができた一番古い記述は1970年8月5日の朝刊。「(平和記念公園の)陰緑で囲碁や将棋を楽しむ市民ら」とある。少なくとも50年近く前からあった風景のようだ。

 「その頃は徹夜でしよる人もおった」。約50年前から通う男性(81)は懐かしそうに振り返る。そしてこんな話をしてくれた。誰が造ったかは不明だが、当時はトタン板で囲った小屋があり、盤などを入れていたという。

 ところが約10年後。市は小屋を撤去したが、引き換えに新設したトイレに倉庫も造ってくれたというのだ。倉庫の鍵は今も愛好家が持っている。だが市は「そのような記録は残っていない。経緯は全く分からない」とする。

 「公平性の観点から特別扱いできない」という市の言い分も分からないわけではない。一方で、復興期の市民の娯楽として青空将棋が広がり、市も尊重して倉庫を提供したというエピソードが事実ならば感慨深い。

 原爆で焼け野原になった広島。今に息づく一つ一つの営みに、復興の歴史があると気付かされる。倉庫がなくなるという理由で青空将棋が姿を消すとしたら、何とももったいない気がする。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報