コラム・連載・特集

「大雪時のチェーン義務化。今冬から」 山陰山間部が対象見込み

2018/12/5 0:00
大雪時のタイヤチェーン義務化を伝え、品ぞろえをアピールするカー用品店(広島市中区)

大雪時のタイヤチェーン義務化を伝え、品ぞろえをアピールするカー用品店(広島市中区)

 「大雪時に、スタッドレスタイヤでもチェーンの装着が義務付けられると聞きました。触ったこともないのに…」。こんなメールが広島市佐伯区の会社員男性(50)から届いた。調べると、国土交通省が今月にも省令で定め、対象となる道路を徐々に広げていくそうだ。男性のようにチェーンに不慣れな人は多い。混乱は起きないだろうか。

 同省によると警報レベルの大雪の際に、国の出先機関などがチェーン規制を発令する。本年度中にまずは約20区間で適用する。勾配が急で立ち往生が起きやすい高速道と国道が対象。来年度以降、さらに区間を広げていく。中国地方では山陰の山間部などが対象になる見通しだ。

 ▽立ち往生回避へ

 「もはやスタッドレスタイヤは対策として不十分」。同省道路防災対策室の福本仁志企画専門官(47)は語る。2015年度に雪のため国道で立ち往生した車のうち75%がスタッドレスタイヤだった。

 これまでも高速道のチェーン規制はあったが、道路会社の「呼び掛け」にすぎなかった。だが近年は局地的な大雪が頻発。2月には福井県で大規模な立ち往生が起きる中「より強い規制が要る」と判断したという。

 ▽「道路脇が大混乱」

 一方で戸惑いの声も広がる。声を寄せた男性は「1人で装着する自信がない。大雪が降ると島根の実家に帰れなくなる」と心配そう。イエローハットモンテ吉島店(広島市中区)の宮本裕樹チーフ(33)は「慣れた人でも装着に15分、経験がないと1時間かかる。突然の大雪で作業をする車が道路脇に並んだら大混乱になる」と懸念する。

 同店では案内文を掲示し、チェーンの品ぞろえを昨冬より2割増やして義務化に備える。「でも、お客のほとんどは知らない。大丈夫でしょうか」

 より影響が大きいのは運輸業だ。トラックは走行距離が長いだけに、途中で大雪が降る場合もある。

 ある地場運輸業の幹部(53)は「スピードは出ないし、チェーンを付けたり外したりする手間もかかる。配送が遅れかねない」と述べる。また「大雪でワイパーが効かなくなって視界不良で立ち往生することもある。チェーンをすれば防げるというものでもない」と、規制に反対の立場だ。

 チェーン規制で大規模な事故を防ぐことは重要だろう。とはいえ、乗用車用のチェーンで2万円前後もするだけに、消費者への負担増も気になる。

 全日本トラック協会(東京)の入谷誠審議役(57)は「どの道路でチェーンが義務化されるのか、運用方法もまだ知らされていない。幅広い地域に影響が及ぶ可能性があり、国はもっと丁寧に情報発信をしてもらいたい」と求めている。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報