コラム・連載・特集

保育園、1月4日なぜ休み 「夫婦とも仕事始め。困っています」

2018/12/21 0:00
保護者に1月4日までの休園を伝える広島市立保育園のプリント

保護者に1月4日までの休園を伝える広島市立保育園のプリント

 「夫婦とも仕事始めの1月4日に保育園が休み。困っています」。広島市が認可する小規模保育事業所に1歳の息子を預けている西区のパート女性(38)が、無料通信アプリLINE(ライン)でこんな声を寄せた。市立保育園も4日は休園となる。一般的に4日が仕事始めの職場が多いのに、なぜだろう。

 市保育企画課に聞くと、市立保育園の設置条例で休園日が定められているという。条例によると年末年始は12月30日から1月4日までが休み。市の認可施設もこれに合わせているという。

 実は2003年までは1月5日も休園だった。保護者の要望を受け、1日短縮した経緯がある。「さらなる見直しは検討していない」と細谷昌弘課長。保育士たち職員の連続休暇を削ることになるからだ。

 では、休みの始まりを12月29日に前倒しできないかと尋ねたが、29日の開園ニーズが高く難しいという。細谷課長は「きちんと休めてこそ、安全安心な保育ができるはず。理解していただきたい」と訴える。

 ただ、毎年つきまとうこの「1月4日問題」に保護者は苦労している。ベビーシッター派遣や託児ルーム運営の「おうち保育わっか」(安佐北区)の脇坂三津子代表によると「4日を含む年末年始は料金が5割増。それでも保育園が休みだからと利用する人は多い」という。

 むしろ職場側がこのような状況を認識する必要がある。個々の事情に応じた柔軟な働き方について考えるきっかけにもなりそうだ。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報