コラム・連載・特集

平和公園、風物詩に対策は 「花見客の残したごみが目立つ」

2019/4/5 0:00
平和記念公園の元安川沿い。花見客でにぎわう中、ごみがあふれていた(3日)

平和記念公園の元安川沿い。花見客でにぎわう中、ごみがあふれていた(3日)

 「花見客の残したごみが目立つ」。桜が満開となった平和記念公園(広島市中区)を訪れた会社員男性(51)=府中町=から、こんな声が編集局に届いた。花をめでながら市民が弁当や飲み物を楽しむ光景は風物詩だが、一帯は原爆死没者を慰霊する空間でもある。対応策はないのだろうか。

 原爆ドームを含む平和記念公園の中で、花見客が最も集中するのは公園の東側を流れる元安川沿いだ。南端の平和大橋から元安橋まで川べりを歩いてみると、空の弁当やビール缶などがごみ箱からあふれていた。

 花見客に聞いた。高校の同級生と集まった西区の会社員近森優希さん(19)は「原爆ドームに近く外国人観光客も多い場所。ヒロシマのイメージが悪くなるので持ち帰った方がいい」と花見客のマナーアップの必要性を指摘する。一方、中区の会社員山下裕司さん(35)は「ごみ箱が小さく数も少ない。仮設のごみ置き場が欲しい」という。

 平和記念公園を管理する市緑政課によると、敷地内にごみ箱は52カ所ある。このうち平和大橋から元安橋までの元安川沿いは5カ所だけ。西村進課長補佐は「公園周辺の景観への配慮もあり、ごみ箱の増設は難しい。仮置き場の設置は貴重な意見だが、どんどん捨てていい、と考える人も出てきかねない。現状では皆さんのマナーに期待したい」と理解を求める。

 市も対応はしている。シーズン中は市シルバー人材センターに委託し、通常1日1回の清掃に加え早朝、夕方もセンターの会員がごみ箱を空にしている。記者が作業に同行すると、90リットルの袋がすぐいっぱいになった。リヤカーで集積場との間を何度も往復する。それでも半日もたたないうちにごみ箱はあふれる。かといって大容量の仮置き場を公園内の各所に設ければ抵抗感を持つ人もいそうだ。

 平和記念公園はかつて繁華街だった。原爆で壊滅した後、慰霊と世界恒久平和を願う場として整備された。だから「桜の名所」になったのも戦後のこと。廿日市市の浜井徳三さん(84)は、公園内にあった旧中島本町で理髪店を営んでいた両親と姉、兄を原爆で失った。「わあわあ騒がれる光景はあまり気分が良くない」と声を落とす。

 ビニールシートを敷いた区画に、誰のどんな日常が「あの日」まであったのか。そう思いをはせながら、笑顔で花見ができる平和をかみしめる。そしてうたげの後は各自でごみを持ち帰る。そんな流れができればいいなと感じた。(山本祐司)

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報