2019統一地方選

政治離れ、投票率最低 熊野・坂町議選、関係者「予想外」

広島県(広島市を除く)2019/4/23 12:13

 21日投開票の広島県熊野、坂の両町議選はいずれも過去最低の投票率となり、有権者の政治離れが浮かんだ。西日本豪雨の被災地の復旧・復興や防災強化を中心に訴えが交わされ、期日前投票は好調だっただけに関係者には予想外との受け止めも広がる。一方、土砂災害で15人が亡くなった坂町小屋浦地区では4人が当選して町議は改選前(2人)から倍増し、地元の被災者たちの期待を託された結果となった。
(ここまで 188文字/記事全文 974文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

広島県(広島市を除く)の最新記事
一覧

  • 呉・東広島市議選 新人健闘、投票率は最低 (4/23)

     21日に投開票された呉市議選と東広島市議選は22日未明にかけて、それぞれ新市議32人、30人が決まった。昨年夏の西日本豪雨の被災地復興が大きなテーマとなる中、少数激戦となった呉市、経歴の多彩さも目立...

  • 高齢化、女性は微増 広島・山口、3市長選・8市町議選 (4/23)

     平成時代で最後の選挙となる統一地方選の後半戦は、中国地方5県でも22日未明までに全ての開票作業を終えた。3市長選のうち三次、周南の2市長選はそれぞれ無所属新人が無所属現職の3選を阻み、尾道市長選は無...

  • 【尾道市長選】後半戦回顧 論戦低調、政策の説明を (4/23)

     尾道市長選は現職の平谷祐宏氏(66)=自民、公明推薦=が大差で4選を果たした。元広島県部長の後藤昇氏(65)と交流スペース経営の村上博郁氏(44)、元市議の大崎延次氏(60)の新人3人の得票数を足し...

  • 【尾道市長選】市民の声しっかり反映 4選の平谷市長に聞く (4/23)

     21日に投開票された尾道市長選で4選を果たした平谷祐宏氏(66)は、一夜明けた22日、中国新聞などのインタビューに応じた。港を基点としたまちづくりなど抱負を語った。(村島健輔)

  • 【尾道市議選】回顧 周辺部では依然、なり手不足課題 (4/23)

     36人が競った尾道市議選では、新人5人を含む28人が当選した。合併前の尾道市域(尾道地域)を地盤にする候補者同士が激しく争った。一方、周辺部は前回と同じ顔ぶれが選挙事務所を置く構図となり、地方自治の...