コラム・連載・特集

タチウオ編 <7> 豊予海峡 2ヵ所の深場に大産卵場

2019/3/23 10:14
豊予海峡の南方で釣られたタチウオ(大分県臼杵市の漁港)

豊予海峡の南方で釣られたタチウオ(大分県臼杵市の漁港)

 タチウオは春先、豊予海峡付近から餌を求め燧灘(ひうちなだ)まで瀬戸内海を回遊するとみられてきた。広島、山口県で漁獲が減った理由を探るには、この海域に目を向けざるを得ない。
(ここまで 86文字/記事全文 832文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧