コラム・連載・特集

イカナゴ編 <5> 回復策は 海の栄養塩「窒素」排出

2019/4/20 11:45
水槽内で夏眠するイカナゴ(玉野市の玉野海洋博物館提供)

水槽内で夏眠するイカナゴ(玉野市の玉野海洋博物館提供)

 イカナゴを模したルアー(疑似餌)が船釣りでよく使われる。夏眠(かみん)中のイカナゴが驚いて逃げる様を再現するかのように砂地の海底に落として引き上げると、いろんな魚が食い付いてくるという。
(ここまで 94文字/記事全文 982文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧