コラム・連載・特集

新田美保(にった・みほ) 芸術の国で

2019/3/8 12:59
新田美保さん(ピアニスト)

新田美保さん(ピアニスト)

 フランスでは、毎月決まった回数の仕事がない芸術家や映画、テレビなどで働く人たちが安心して生活できるよう、国が経済的に援助してくれる。ヨーロッパでもフランスにしかない制度で、1936年にできた。公務員としてコンセルバトワール(公立の音楽院)で教師をしている私でさえ、月に4回ほどコンサートをしていればこの枠に入れてもらえる。毎月ほとんど同じ回数のコンサートがあるにもかかわらず、月10万円くらい補助金が下りるのだ。初めは申し訳ない気持ちになった。外国人の私にさえこんな温かい受け入れ態勢。国籍は問われない。フランスはやはり芸術の国だ。
(ここまで 267文字/記事全文 837文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧