コラム・連載・特集

長廻政志(ながさこ・まさし) 韓国芸能に魅せられて

2019/3/31 14:19
長廻政志さん(山陰サムルノリ代表)

長廻政志さん(山陰サムルノリ代表)

 私と韓国民俗芸能「サムルノリ」の出会いは高校卒業後、上京した1982年、「サムルノリ」創始者4人の来日公演を見たことにさかのぼります。「サムル」とは、「チャンゴ(長鼓)」「プク」と呼ばれる太鼓と、「チン(ドラ)」「ケンガリ(鉦(かね))」の4種の打楽器、「ノリ」は遊びを意味します。韓国各地の農村に古くから伝わる豊作祈願の民俗芸能「農楽」を基に、舞台や室内でも公演できるよう約40年前に再構成されたのが「サムルノリ」です。
(ここまで 212文字/記事全文 825文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧