コラム・連載・特集

登世岡浩治(とよおか・こうじ) 被爆証言

2019/6/12 10:03
登世岡浩治さん(安楽寺前住職)

登世岡浩治さん(安楽寺前住職)

 私は旧制中学4年の時、広島市内の学徒動員先で被爆しました。鉄骨造りの工場の中で作業をしていたため、幸いに無傷で助かりました。しかし、亡くなった弟をはじめ、多くの友人、知人が被爆しました。その状況があまりに悲惨だったため、長い間、あの日の記憶を詳しく語ることはありませんでした。とても話せなかったのです。
(ここまで 152文字/記事全文 827文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧