コラム・連載・特集

「投票率アップへ有効な工夫や改善は」 政治の魅力や信頼高めて

2019/6/17 23:30

 投票率を上げるにはどんな工夫や改善が有効でしょう―。7月4日公示、21日投開票が有力視される夏の参院選を前に、中国新聞が「こちら編集局です―あなたの声から」の無料通信アプリLINE(ライン)で尋ねたところ、127人が計154件の意見を寄せた。政治の魅力や政治家の信頼度の向上を求める意見が44件で最も多く、投票の特典付与や投票機会の拡大を求める声も上がった。

 「将来の見通しや生活が良くなる希望がなければ、投票率は上がらない」とみるのは、福山市のパート従業員橘高かおりさん(54)。自身は投票に行っているとした上で、政治に期待できない現状が投票率の低下傾向の背景にあると指摘。老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁の報告書を例に「働く必要があるのに、働く環境は整備されていない」と説く。

 今回、意見を募ったのは7〜13日。自由記述の内容を分類したところ、橘高さんの意見をはじめ「政治の魅力や政治家の信頼度の向上」が44件と、全体の3割を占めた。「与野党ともに国民のための審議をしていない」「本音では、投票率が上がらない方が有利と思っている政治家もいるはず」などの声が上がった。

 政治家の顔が見える工夫を求める声もある。広島市安芸区の主婦古山裕子さん(52)は「街頭での演説は、まるで台本を読んでいるかのよう。候補者同士が同じテーマで討論している姿が見られれば、人となりが伝わりやすい」と提案する。廿日市市の主婦古池由美さん(55)は「政治家と直接触れ合って人柄を感じる機会が増えれば、この人に託したいと思える」と答えた。

 次いで多かったのが「投票者への特典」の24件。安芸区の教員金沢聡一郎さん(28)は、投票を終えた人が自治体から受け取れる証明書を示せば、飲食店や美容室で料金の割引などが受けられる「選挙割り」の充実を提起し「投票に行く楽しみがあれば、関心を呼び起こしやすくなる」と訴える。「投票で何か当たるなどの荒療治が必要」「投票した人は税金を安くする」といった声も届いた。

 「投票所の増設」が19件、「インターネット投票の解禁」が16件で続き、より投票しやすい環境づくりを促す意見は根強い。

 南区の会社員元田美幸さん(59)は「投票はわざわざ行かないといけない心理的なハードルがある」と指摘した上で、学校やスーパー、会社、コンビニなど街の至る所に投票所がある環境づくりを願う。西区の主婦佐々木恵美さん(51)は「マイナンバーを生かし、スマートフォンやパソコンで投票できる仕組みを築いてほしい」と要望する。

 その後は「選挙啓発の強化」16件▽「選挙制度の変更」13件▽棄権した人の税金を増やすなどの「棄権者への罰則」7件▽「その他」15件―の順となった。

 選挙啓発の強化では、尾道市の会社員守田圭祐さん(52)が「子どもの頃から校則などを投票で決めるなど、選挙を身近な存在にする必要がある」と求める。選挙制度の変更では「投票率が50%を下回る選挙は無効とする」「落選させたい人に投票できる制度を導入する」などが上がった。(中川雅晴、木原由維)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報