コラム・連載・特集

山下祐一(やました・ゆういち) 防災力の向上

2019/6/28 14:44
山下祐一さん(砂防学会中四国支部長)

山下祐一さん(砂防学会中四国支部長)

 広島県はこれまで大きな土砂災害に見舞われてきました。この20年では、1999年の「6・29豪雨災害」、2006年の県北西部豪雨や14年の広島土砂災害などがあります。砂防学会を含む専門家集団はこの間、防災減災に向け取り組みを強化してきました。しかし、昨年の西日本豪雨災害は、いっそうの技術者養成を含め、専門家集団に新たな課題を突き付けました。
(ここまで 171文字/記事全文 804文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧