コラム・連載・特集

かんぽ不適切販売、顧客が語る実態 「信用してた」怒り続々

2019/7/11 10:34
「もう郵便局を信用できない」。気が付かないうちに乗り換えられていたという終身保険の証券を手にする女性

「もう郵便局を信用できない」。気が付かないうちに乗り換えられていたという終身保険の証券を手にする女性

 日本郵政グループのかんぽ生命保険が、顧客に不適切な保険商品の販売を繰り返していた問題で、編集局にも怒りの声が続々と寄せられている。「知らないうちに保険の種類を変えられていた」「言葉巧みに高額の契約を結ばされた」―。広島市内の顧客3人が取材に応じ、勧誘の実態を語った。

 ▽「言葉巧み」「しつこく勧誘」

 かんぽ生命の不適切な販売を巡る一連の報道を受け、中区の70代女性は自分の保険証券を確かめ、そして驚いた。保険の種類が「養老」から「終身」に切り替わっている―。1年半余り前、加入していた養老保険の保険料を半額にしてほしいと郵便局に相談し、契約を結び直した。販売員に言われるがままに署名したという。

 保険料は年齢を経て減額こそされるが、95歳まで支払うことになっていた。「頼んでもないのになぜ…。そんな年まで払い続ける契約なんて必要ない」と困惑気味に語る。

 旧保険を解約し、新たに保険を契約する「乗り換え契約」で、同社は不適切な販売を繰り返していた。販売員は契約成立によって得られる営業成績を目当てに、件数を稼いでいたとみられる。「私は利用されたんでしょうか。郵便局だから信用していたのに」。女性は肩を落とした。

 寄せられた声の中には、まだ明るみになっていない手法もあった。しかもターゲットは高齢者ばかりではない。中区の40代女性は4年前、「別の契約で穴をあけてしまい、飛び込みで営業している」と沈み込んだ販売員のセールスに遭い、長女の学資保険に加入した。

 50万円の契約を希望したが、100万円の契約をしつこく勧めてきたという。「3年後には見直せる」「減額はできても増額はできない」と説得され、とりあえず約50万円を支払って額面100万円の契約を結んだ。

 昨年、残りの保険料の滞納を理由に、保険の「失効」を通告された。「話が違う」と郵便局に詰め寄ったが、3年後に意向を聞きに来ると言った販売員は既に転勤。それでも諦めず転勤先に抗議し、契約の無効という形で何とかお金は戻って来たという。「会社の体質なのだろう。信用を逆手に取り、許せない」

 佐伯区の70代女性は、実害を訴え訴訟を起こしている。訴状などによると、女性は、頻繁に訪ねてくる郵便局員から「書類に不備があった」「はんこが足りんかった」などと言われるがまま署名、押印をしていたところ、知らぬ間に「乗り換え」が繰り返されていたという。2009年から16年の間に、終身や養老などの保険加入計40件、解約や変更も37件に上り、それによって生じた不利益や慰謝料など約830万円の損害賠償を日本郵便に求めている。

 日本郵便側は「女性が署名、押印したこと自体に間違いはない」などと全面的に争う姿勢を示している。代理人弁護士は「現在、係争中のため、内容についてお答えできない」とする。

 女性は「信用しきっていただけに、だまされたのは本当にショック」と言葉を詰まらせる。半面、自分のことも責めた。「もっとちゃんとしていれば、こんなみじめな思いはしなくてすんだのに」(石井雄一、小林可奈)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報