コラム・連載・特集

カタクチイワシ編 <2> パッチ網 満杯の船、9割はいりこ用

2019/7/18 9:30
パッチ網に入った大量のカタクチイワシ

パッチ網に入った大量のカタクチイワシ

 カタクチイワシの探索船は午前2時20分、大竹市小方港から夜の海に滑り出した。同市阿多田島にある2統の船団の一つ大井水産の大井篤社長(51)が操舵(そうだ)室に陣取る。土日の休漁明けの6月17日に同乗した。
(ここまで 103文字/記事全文 974文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧