コラム・連載・特集

カタクチイワシ編 <4> 森と海と共同網 豊かな資源みんなで守る

2019/7/20 9:26
新村則人さん制作のポスター

新村則人さん制作のポスター

 カタクチイワシの群れは春先、太平洋から黒潮に乗って瀬戸内海に入り、再び外海に出て越冬するといわれる。主に4〜10月に産卵して1カ月後に全長15ミリのしらすに、半年後には大半が成魚になる。
(ここまで 94文字/記事全文 830文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧