コラム・連載・特集

JR、異例のダイヤ改正へ 山陽線や可部線、混雑訴える意見相次ぐ【動画】

2019/7/24 23:11
3両の電車に乗客が集中し混雑する可部線の電車=広島市西区のJR横川駅(撮影・安部慶彦)

3両の電車に乗客が集中し混雑する可部線の電車=広島市西区のJR横川駅(撮影・安部慶彦)

 JR西日本広島支社は24日、山陽線と可部線の混雑緩和のため、9月1日にダイヤ改正をすると発表した。夕方に山陽線で4本を増発し、可部線は特に混雑の激しい便で車両を増やす。定例の3月以外のダイヤ改正は異例という。

 【関連】3両電車 混み過ぎる


 増発するのは、山陽線広島―五日市間の2往復。これにより、広島駅発午後6時台の岩国方面行きは、現行の8本(計33両)から、10本(同42両)に増える。可部線は、午後5時53分広島発あき亀山行きとその折り返し便を、3両から元の4両に戻す。

 同支社運輸課の城本知哉担当課長は「日によっては定員を大幅に超える利用があり、混雑を嫌って乗車を見合わせる人もいるなど不便を掛けていた。ダイヤ改正により、車内で身動きが取れないほどの混雑はなくなるはず」と説明する。増便や増結用の車両を確保するため、山陽線糸崎―広島間で比較的利用の少ない夕方の1往復をやめる。

 同支社によると、広島都市圏の2017年度の在来線利用者数は、外国人観光客や野球観戦客の増加もあり、13年度に比べて7%増えた。一方で、ことし3月までに4両編成の旧型車から3両編成が主体の新型車に切り替わった影響もあり、混雑についての苦情が続出。中国新聞「こちら編集局です―あなたの声から」にも、「ぎゅうぎゅう詰めで乗れない」「車両を増やして」といった意見が多数寄せられていた。

 同支社によると、3月16日のダイヤ改正後も苦情が相次いだため、4月8日から山陽、呉、可部線で朝夕の計14本で車両を増結。だが、その後も山陽線広島―五日市間や可部線では激しい混雑が続いた。ダイヤ改正は「時刻を頻繁に変えると乗客が混乱する」などの理由で年1回が通例だが、同支社は緊急性が高いとみて、秋の新学期に合わせて改正を急いだ。

 改正ではこのほか、呉線の三原駅で、午後5時台に山陽線尾道方面からの接続を改善する。同支社の城本課長は「今後も利用状況をつぶさに把握し、来春のダイヤ改正では山陽線の休日の快速の復活も含め、検討したい」としている。(馬場洋太)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報