コラム・連載・特集

マナガツオ編 <5> 資源の行方 実態調査し体系的管理を

2019/8/31 9:51
マナガツオの刺し身(右下)と炙り(左上)、真子煮付け(右上)

マナガツオの刺し身(右下)と炙り(左上)、真子煮付け(右上)

 倉敷市児島で料理店を営む久世清和さん(55)は夏場、ほぼ1日置きに市内下津井の漁協をのぞく。刺し身に最適の2キロ級のマナガツオがお目当てである。「皮を付けたままの炙(あぶ)り刺しや照り焼きもよし。あらを塩焼きにすれば骨も食べられる」
(ここまで 117文字/記事全文 979文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧