議会watch

一般質問 6日の詳報

広島市議会2019/12/7 9:30

 ●国道2号西広島バイパスの高架延伸

 【母谷龍典氏(自民党市民クラブ、佐伯区)】

 国は来年度に残区間の西区観音本町―中区平野町の事業を再開する方針を示した。沿線住民の生活環境を守るため、騒音や振動、耐震など、どのような検討をしたのか。事業費や市の負担割合、建設期間は。

 加藤浩明道路交通局長 遮音壁の設置や高架化への転換で騒音などは環境基準を下回る。東日本大震災級の地震にも耐えられる構造にする。事業費は最大約450億円で、これから縮減を図る。市の負担は道路法に基づき3分の1。事業が再開されれば、設計見直しや施工計画に2、3年かかり、その後の工事に少なくとも5年程度はかかる見通しとなる。

 ●アストラムライン延伸

 【桑田恭子氏(市政改革ネットワーク、佐伯区)】

 2015年に出された事業計画では延伸後、五月が丘団地(佐伯区)から市中心部に行く料金と時間はどうなっているのか。直通バスに比べ、多少料金が高くてもアストラムラインを利用すると考えているのか。

 加藤道路交通局長 最も所要時間が短いのは、アストラムラインを利用して西広島駅で急行バスに乗り換え、中電前バス停まで行くパターン。時間は26分で料金は480円。これに対し、高速4号経由で本通りに向かう直通バスは29分で470円。五月が丘から市中心部へ向かうのに料金が安いルートより、早く着くルートを選択する人もいると考えている。

 ●学校職場のいじめ

 【渡辺好造氏(公明党、南区)】

 神戸市の小学校で起きた教員のいじめ事案を市教委としてどのように捉えているか。今後どのような取り組みを進めていこうとしているのか。

 糸山隆教育長 学校教育に対する子どもや保護者の信頼を著しく損なうとともに、教職員の意欲の低下を招くなど教育活動に大きな支障を生じさせ、あってはならない。職場内で相談しづらい事案があることも想定し、市教委事務局の複数の課長級職員をハラスメント相談員に指名し、連絡先の周知を図っている。今後は無料通信アプリLINE(ライン)などを活用したより相談しやすい体制の整備にも取り組みたい。

 ●高齢ドライバーの事故防止対策

 【森畠秀治氏(自民党保守クラブ、東区)】

 事故防止に効果がある(ブレーキとアクセルの踏み間違えを防ぐなどの)装置を購入し、車に取り付ける高齢者向けに、費用の補助を検討してほしい。大変心強い施策になる。免許を返納した高齢者への公共交通の運賃割引などサービスの現状はどうなっているか。

 加藤道路交通局長 後付け装置の性能や保証、また装置に絡んだ交通事故が発生した場合の保険の影響など、不明なこともある。国の指示なども踏まえて慎重に議論する。タクシーの運賃割引は、市内の事業者へ導入を働き掛け、タクシー協会へも業界全体で取り組むよう広島県警と共同で協力を求めている。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

広島市議会の最新記事
一覧

  • 総括質問 22日の詳報 (2/23)

     【碓氷芳雄氏(公明党、安佐南区)】 ●本川小と袋町小の平和資料館の管理運営 両小の平和資料館は教育委員会の所管。学校の負担になってないか。平和行政を所管する市民局が管理運営し、見学者が一層満足できる...

  • 総括質問 19日の詳報 (2/20)

     【近松里子氏(共産党、中区)】 ●新型コロナウイルス対策 減収に苦しむ中小企業にさらに支援策を講じるべきだ。感染の不安と闘う看護師の手当てを増額し、国にも慰労金の支給を求めるべきではないか。 日高洋...

  • 総括質問 18日の詳報 (2/19)

    【宮崎誠克氏(自民党市民クラブ、佐伯区)】 ●市営基町駐車場(中区)周辺の再開発事業 市中心部の活性化を先導する事業として期待が大きい。基町駐車場と商工会議所ビル(中区)の財産交換はどのように進めるの...

  • 一般質問 10日の詳報 (12/11)

     【川本和弘氏(公明党、安佐南区)】 ●ひろしま西風新都推進計画の見直し 西風新都(安佐南区、佐伯区)の都市づくりの基本方針「西風新都推進計画」では、災害時に避難場所などとして活用できる物流施設を住宅...

  • 一般質問 9日の詳報 (12/10)

     【岡村和明氏(市民連合、南区)】 ●図書館と科学館のリニューアル 設立46年の広島中央図書館(中区)はデジタル化への対応が課題だ。電子資料も利用できるハイブリッド図書館にしてはどうか。こども文化科学...