コラム・連載・特集

【月刊E・12月号】被爆建物は国に買い上げてもらおう!

2019/12/9 7:00

 「景観に人はすぐ慣れるが、言葉がなじむには時間がかかる」

 もったいぶった物言いは、歴史上の人物による名言とか、そういうものでは全くない。恥ずかしながら、これまで私自身が何度か新聞記事で使った自作の迷言(?)である。

 絶景に出合って息をのむことがある。中国・ウルムチ郊外の「天池」もそうだった。日本国内だと千円札に印刷されている本栖湖のように、山々に囲まれた湖。ただ景色よりむしろ、水と空気が醸し出す透明感に圧倒された。言葉を失った。

 だが帰国後に写真を見返しても、あの感動はよみがえってこない。飽きたというより、やはり初見の新鮮な驚きが一番ということだろう。

 一方、「ディスる」や「タピる」は多分これからも使わないと思う。さらに世代とは無関係に、命名権に伴う公共施設の愛称や別称を、いつまでたっても覚えられずにいるのは私だけではないはずだ。

 さて、本題に入る。何かと話題に上る広島市内の被爆建物のうち、旧陸軍被服支廠(ししょう)=南区=と広島大旧理学部1号館(中区)は国に買い上げてもらおうと、私は声を大にして言いたいのである。
(ここまで 465文字/記事全文 1515文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 広島県が外観保存の方針をまとめた旧陸軍被服支廠1号棟
  • 広島市が保有する広島大旧理学部1号館
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

月刊Eの最新記事
一覧

  • 【月刊E・2月号】巣ごもり読書ガイド・エンタメノンフ編 (2/15)

     春の訪れとともに国内のコロナ禍も収束に向かうはずと期待していたら、元首相による女性蔑視発言が飛び出した。どうも東京五輪は何かと、けちが付く。アスリート、ボランティア、各地の聖火ランナーの皆さんの心情...

  • 【月刊E・1月号】「どこでもドア」は欲しいけれど… (1/2)

     謹賀新年。本年もどうぞよろしくお願いします。 ということで新年号らしく、恒例(といっても昨年1月号に続いて2回目)のテーマ「未来予測と地域社会」について考えてみたい。 実は、先月紹介した文部科学省の...

  • 【月刊E・12月号】エントロピーは増大するけれど… (12/14)

     「エントロピー(乱雑さ)は常に増大する」という物理学の法則をいつ、どこで学んだのか、定かには思い出せない。でも終生、忘れられない言葉となった。理由は単純明快。どうあがいても部屋はすぐに散らかるなどと...

  • 【月刊E・11月号】ワクチン代わりに原爆展を (11/9)

     前回のテーマ「ノーベル賞と学術会議と地層処分」がごく一部で好評だったので、図に乗って今月号も、最新ニュースに絡む三題話とさせていただく。「米大統領選と核禁条約発効とワクチン」だ。 いきなり内輪話で恐...

  • 【月刊E・10月号】ノーベル賞と学術会議と地層処分 (10/12)

     今月号は、もし今年も日本人がノーベル賞に輝いたら、どんな分野であれ、それをテーマに書こうと考えていた。われながら大まじめに「ヒトの小胞体ストレス応答の発見」についての資料を集めたり、村上春樹さんの文...