コラム・連載・特集

土井秀文(どい・ひでふみ) 故郷への贈り物

2019/12/13 9:09
土井秀文さん(日本商工会議所主任調査役)

土井秀文さん(日本商工会議所主任調査役)

 私は1968年、広島市西区の己斐で生まれ、カープの初優勝を見届け広島を離れた。転勤族の子で、親戚がいるわけではないが、広島はわが故郷だ。その後どこでも、「広島出身です!」と名乗って生きてきた。大学を卒業してIT会社に就職、主に東京で働いてきたが、あるとき、ブロックごとにある関連会社への出向打診を受けた。迷わず広島を選んだ。
(ここまで 163文字/記事全文 829文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧

  • 新長太(しんちょう・ふとし) 高校の韓国語教育と私 (3/5)

     私が韓国留学を決意したのは英国留学時に出会った韓国人青年の影響である。その後、私の夢は英語と韓国語の魅力を伝える夢に変わった。2019年の夏、英語教員の私は生徒を引率して韓国の姉妹校を訪問した。

  • 福長弘志(ふくなが・ひろし) 廃虚の村 (3/4)

     皆さんはフランス中部にあるオラドゥール・シュル・グラーヌという廃虚の村をご存じでしょうか。12年前に何も知らずに訪れた私は、目前に現れた絶望的な光景に衝撃を受け、その後に描く絵の画風が以前とは全く変...

  • 尾方剛(おがた・つよし) 「言葉」の影響力 (3/3)

     2012年1月末に現役引退した際、上司から「4年間我慢すれば必ずチャンスがあるから」と言われ、中国電力での社業にまい進する腹積もりであった。会社の方々に「仕事なんかできるはずがない」「残った方がいい...

  • 土本康生(つちもと・やすお) 北風と太陽 (2/28)

     インターネットの通信技術を専門とする私がインターネットに初めて出会ったのは高校を卒業し広島を離れて進学した先の大学だった。今から30年前のことだ。まだ日本には今のようなインターネットは存在せず、一部...

  • 杉川綾(すぎかわ・りょう) 次代のまちを目指して (2/25)

     一般社団法人広島青年会議所は昨年、創立70周年を迎えました。くしくも新型コロナウイルスの世界的流行が重なり、まちづくりに尽力してきた私たちにとっても、多くの制限の中で運動を展開する苦難の1年となりま...