コラム・連載・特集

上田英馬(うえだ・えいま) 茅葺(かやぶ)き職人見習い

2019/12/20 8:27
上田英馬さん(茅葺き職人見習い)

上田英馬さん(茅葺き職人見習い)

 約1メートルの長さに切ったススキの束を解き、並びそろえていく。次に身長ほどの長さのススキをその上に並べる。一定の厚さになったら竹を渡し、わら縄で縫い留め、ススキを押さえる。最後に、ケヤキで作られた「雁木(がんぎ)」という道具でススキの尻をたたきそろえて屋根の面を造る。これで茅葺き屋根の1段ができる。この地道な作業を繰り返し、一つの屋根が出来上がる。
(ここまで 176文字/記事全文 834文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧