コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現 本通りで生きていた被爆前

2019/12/31 20:24

 原爆が広島上空でさく裂した瞬間、街は壊滅し、多くの命が奪われた。家族や友人との思い出が刻まれた写真も失われ、今なお、被爆前のわが家を捉えた一枚を探し続けている人たちがいる。被爆75年の節目となる2020年、写真の数々に光を当てながら、原爆に消し去られた街の全体像に近づく努力を始めたい。まずは、近年新たなカットが相次いで確認されている広島市中心部の「本通り」とその周辺から、確かにあった日々の営みを見つめる。

 ▽一枚の写真 記憶呼び戻す

 19年夏、原爆資料館(広島市中区)で開催中の新着資料展を見学した奥本博さん(89)=同=は、被爆前の本通り商店街を捉えた一枚の写真に目を奪われた。「〓 奥本金物店」。屋号と店名が読み取れた。「ああ、うちの看板じゃ」。あの日の朝以来74年ぶりに、懐かしいわが家と「再会」した。

 祖父が旧播磨屋町12番地に創業した金物店は、奥本さんの生家でもあった。3軒隣の玩具店「マルタカ子供百貨店」は、木馬や滑り台で遊べる遊園地のような場所。近所の「金正堂書店」は2階が食堂で、家族と一緒に―。思い出は尽きない。

 広島市中心部を東西に延びる本通りは、当時から地方随一の繁華街。しかし太平洋戦争の戦況が厳しくなり、物資の統制が進むと店は一つ、また一つと閉店していった。奥本金物店は、金属供出により品物が少なくなると、煮炊きに使う素焼きの「竈(くど)」を扱うなどして存続した。

 本通りでは1945年8月当時も、約160軒が店を開けていたという。原爆が、その全てを焼き尽くした。

 旧制修道中3年だった奥本さんは、爆心地から4・1キロ離れた動員先で被爆した。猛火に阻まれ、本通り周辺に近づくことができない。翌日、自宅前にたどり着き、「博 健在」と書いた紙を倒れていた電柱の上に置いた。爆心地から約430メートル。「家族はどこかへ逃げているに違いない。そればかり思っていた」。何日も歩き回った。

 父八重蔵さん=当時(43)=ら家族6人を失い、生き残ったのは奥本さんと祖母だけだった。末の妹妙子さん=同(4)=は店の焼け跡で小さな骨になっていた。妹文子さん=同(13)、弟の克彦さん=同(8)=と直通さん=同(6)=は、遺骨すら見つかっていない。避難先で再会できた母の寿子さん=同(38)=は下痢に苦しみ、足をさすると「もうええよ」と言い残して被爆の8日後に亡くなった。

 戦後は高松市の親戚宅へ身を寄せたが、古里への思いは消えない。5年後に自宅跡へ戻り、紳士洋品店を約40年間続けた。今も同じ地で暮らし、郵便受けにはかつての屋号を刻む。しかし被爆前のわが家の記憶は、まぶたの奥に浮かぶたたずまいだけだった。

 その「空白」を埋めたのが、安佐南区の会社員益田崇教さん(54)だ。インターネットのオークションも駆使して被爆前の広島の写真を入手するたび、「研究に役立てて」と画像データを原爆資料館などに寄贈している。「奥本金物店」もその中の一枚だった。

 益田さんの母静江さんは現在の十日市町(中区)に自宅があり、5歳で被爆。両親ら家族5人を奪われた。益田さんが高校2年の時、白血病を患い42歳で亡くなった。

 母はどんな街に暮らしていたのだろう、と始めたのが写真収集だった。「祖父母もこの景色を見たのかな」。写真が残っていない家族もおり、面影すら知らない肉親に思いを巡らせてきた。

 あの写真と奥本さんを引き合わせた益田さんは「何よりうれしい縁です」と胸を熱くしている。奥本さんは、小学生と幼稚園児のひ孫2人を連れ新着資料展を再訪した。「私の体験をもっと知りたい、と実感しながら見てくれたはずです」(水川恭輔、山下美波)

    ◇

 3日付から「街並み再現 本通り」を連載します。

 ■当時の広島の写真募ります サイトも近く開設

 中国新聞社は連載「ヒロシマの空白 被爆75年」の一環で、昭和初期から被爆直前までの広島市内の様子を捉えた写真を募ります。読者や地域の皆さんの自宅に、貴重な一枚が眠っていませんか。情報をお寄せください。

 写真の一部を紙面上で順次紹介。1月末ごろには、紙幅の関係で掲載できない分を加えてウェブサイトも開設予定です。公的機関や市民の手元で保存されている写真のうち、掲載許可が得られたものをインターネットの地図上で網羅的に見ることができるようにします。戦時下の市民の暮らしと、原爆に奪われた街の姿を紙面とウェブで「復元」させます。

 ヒロシマ平和メディアセンターTel082(236)2801(平日午前10時〜午後5時)。peacemedia@chugoku―np.co.jp

 【お断り】〓は、「かぎかっこ」に「八」を書きますが、JISコードにないため表示できません。

被爆前の本通り写真など200枚 広島県内7施設「消えた街」保存

街並み再現 本通りで生きていた被爆前

街並み再現・本通り<1>理髪店主のアルバム

街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

街並み再現・本通り<3>袋町国民学校

街並み再現・本通り<4>商店街

街並み再現・本通り<5>探し続けて

街並み再現 奪われた日常、地図とともに 中国新聞が写真紹介サイト開設

街並み再現 にぎわう八丁堀、戦前から

街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

町並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

街並み再現 本川地区 児童や職人で活気

街並み再現 基町と周辺 軍都の象徴

街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

街並み再現 広島駅「軍都」の玄関口

被爆前の写真、ウェブに1000枚 読者提供続々

街並み再現 その他の写真

街並み再現 日常のカケラ、埋めていく

街並み再現 暮らし語る100枚 福山の遺族が写真保管

街並み再現 爆心地の島病院、継ぐ思い

この記事の写真

  • 月一回の大売り出しでにぎわう「長崎屋」の店内。1935年頃撮影(長崎清信さん提供)
  • 配達に出る「金正堂書店」の従業員。昭和初期の撮影とみられる(広島本通商店街振興組合提供)
  • カキの発送準備をする「長崎屋」の従業員。1935年撮影(長崎清信さん提供)
  • 電車通りをはさんで本通り東側入り口にあった「蛇の目ミシン」。1943年以前に撮影(松本若次さん撮影、川本静枝さん提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧