コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

2020/1/3
キリンビヤホールの店内で食事する新宅和子さん(左から3人目)と父逸吾さん(同2人目)たち(1938年)。米国の原爆投下で和子さんは行方不明となった(鈴木恒昭さん提供)

キリンビヤホールの店内で食事する新宅和子さん(左から3人目)と父逸吾さん(同2人目)たち(1938年)。米国の原爆投下で和子さんは行方不明となった(鈴木恒昭さん提供)

 ▽酒と食事、家族に憩い 日常に戦争の影も

 「ええっ、あったんですか」。ビールスタンド店主の重富寛さん(57)=広島市中区=は、記者が3枚の写真を見せると驚きの声を上げた。中区本通にあった「キリンビヤホール」の被爆前の店内が写っている。キリンビール(東京)も画像は持っていないという。

 重富さんは、こだわりのビール注ぎで全国に知られる。ホールについて調べ始めたのは2017年。原爆の日の8月6日に東京の広島県アンテナショップで注ぐ機会を得た際、身近なビールから被爆と復興に関心を持ってもらおうと展示パネルを作った。被爆前のホールの写真も入れたかったが見つからなかった。

 モダンな造りのホールは1938年に開店。ドイツに倣ったレストラン形式で、家族連れがビールと食事を楽しむ人気店だった。開業と同じ年に撮影された店内写真に、着飾った家族連れの姿が見える。「家族で『ハレの日』にレストランに行く楽しみを思い出させてくれます」と重富さん。

 ▽ビール求めて列

 「新修広島市史」によると、戦時下に酒が配給制になるとホールは市内の酒類の約7割を供給し、45年3月にも夕方はビールを求める「百五十人もの老若」が券を手に並んだという。45年8月6日、内部をほぼ全焼したが建物は残り、早くも年末に営業を再開した。

 重富さんは「市民はビールを癒やしに復興への希望を膨らませたのだろう」と思いをはせる。被爆に耐えた建物は91年に解体。後に建った広島パルコ本館の外壁にモニュメントが残る。

 貴重な3枚は、近くで美髪院を営んでいた故鈴木六郎さんがのこした家族写真だ。アルバムを保存してきたおいの鈴木恒昭さん(88)=広島県府中町=によると、親戚でホールに集まり食事を囲むこともあった。

 ▽親思いな子 不明

 六郎さんのめい新宅和子さんが、父逸吾さんと並ぶ一枚も。その7年後、県立広島第一高等女学校(現皆実高)1年で建物疎開作業に動員され、行方不明のままだ。「和ちゃんは明るく親思いな子で、ピアノが上手でした。被爆の翌日、『和子が帰ってこんのんじゃ』とわが家に捜しに来た父逸吾さんの悲痛な声と涙が忘れられません」

 玩具店や帽子店の店内、呉服店の店頭…。六郎さんのアルバムの約2千枚の写真は、本通りやその周辺の街と市井の暮らしぶりを子どもの愛らしい笑顔とともに伝える。同時に、戦時下の空気も色濃く映す。

 戦争と平和について考える催しを開いている中区のカフェ、ハチドリ舎。六郎さんの写真に関心を寄せる店主の安彦恵里香さん(41)は複写を繰りながら、「擧(きょ)国一致」と書かれたのぼりや、戦地に赴く兵士が銃を担いで美髪院の前を歩くカットにも目を留めた。

 「今と変わらない家族の日常の中に『戦争』があった。写真を見ながら、現在の世の中と照らし合わせ考えることも大切ではないか」。被爆前の写真が現代の若者にとって持つ意味をそう感じる。(水川恭輔)

被爆前の本通り写真など200枚 広島県内7施設「消えた街」保存

街並み再現 本通りで生きていた被爆前

街並み再現・本通り<1>理髪店主のアルバム

街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

街並み再現・本通り<3>袋町国民学校

街並み再現・本通り<4>商店街

街並み再現・本通り<5>探し続けて

街並み再現 奪われた日常、地図とともに 中国新聞が写真紹介サイト開設

街並み再現 にぎわう八丁堀、戦前から

街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

街並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

街並み再現 本川地区 児童や職人で活気

街並み再現 基町と周辺 軍都の象徴

街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

街並み再現 広島駅「軍都」の玄関口

被爆前の写真、ウェブに1000枚 読者提供続々

街並み再現 その他の写真

街並み再現 日常のカケラ、埋めていく

街並み再現 暮らし語る100枚 福山の遺族が写真保管

街並み再現 爆心地の島病院、継ぐ思い

この記事の写真

  • 「被爆前の写真があったとは驚きました」。広島パルコ本館の壁にあるキリンビヤホールの被爆タイル(右)の前で語る重富さん(撮影・田中慎二)
  • キリンビヤホールの客席で記念写真に納まる鈴木六郎さん(右端)たち。1938年撮影(鈴木恒昭さん提供)
  • キリンビヤホールの客席で笑顔を見せる家族。1938年撮影(鈴木恒昭さん提供)
  • 鈴木六郎さんが「出征」と題して撮った戦地に赴く兵士。鈴木美髪院前。1938年撮影(鈴木恒昭さん提供)
  • 「擧国一致」「國威宣揚」と記されたのぼりが掲げられた鈴木美髪院前の通り。1938年撮影(鈴木恒昭さん提供)
  • 本通りの「光永呉服店」(奥右)前で子どもを抱く鈴木六郎さん。1934年ごろ撮影(鈴木恒昭さん提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白 被爆75年の最新記事
一覧