コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現・本通り<4>商店街

2020/1/6 22:55
被爆前の渡部銅器店の写真を手に、同じ場所に立つ渡部さん。奥は広島アンデルセンの建て替え工事現場(撮影・藤井康正)

被爆前の渡部銅器店の写真を手に、同じ場所に立つ渡部さん。奥は広島アンデルセンの建て替え工事現場(撮影・藤井康正)

 ▽市民の元に残る「歴史」 茶箱に写真、驚き

 2019年4月に改装を完了した原爆資料館(広島市中区)は、展示の冒頭部分に被爆前の広島の街の写真を並べている。「被爆後の惨状と比べて見れば、被害をより実感してもらえる」と同館。家族の記念写真でも、背景に写る街の姿が「資料」になり得るという。

 市民の手元には、資料館のような公的機関にはないようなカットも含めてまだ眠っている―。そう考え、本通り商店街を歩いた。

 「3階建てでハイカラな建物だったんですよ」。共同ビルの「本通ヒルズ」にある食器専門店「渡部陶苑」を訪ねると、渡部聡会長(67)が被爆前の店頭を捉えた2枚の写真を見せてくれた。同じ場所で祖父母たちが「渡部銅器店」の名で営んでいた。

 その建物も家族も、原爆に消し去られた。祖父岩助さん=当時(67)=と祖母ソノさん=同(66)、伯母喜代子さん=同(43)=は遺骨が見つかっていない。市内にいた伯父良徳さん=同(29)=も犠牲になった。

 ▽疎開で焼失回避

 戦後、父勲さん(2010年に86歳で死去)が進学先の東京から帰郷し、親類と力を合わせて店を再建。跡を継いだ渡部さんは「被爆前の写真はすべて焼けたと思っていました」。ところが06年、本通ヒルズの建設に伴い倉庫を整理中、古びた茶箱の中に写真を見つけて驚いた。被爆前に郊外の親類宅に疎開させており、焼失を免れていた。

 1枚には、道を挟んで西隣の銀行が写る。1945年当時は帝国銀行広島支店だった。被爆後も使われた建物は67年、アンデルセン(現広島アンデルセン)の店舗に。現在、被爆外壁を一部残しながらの建て替え工事が進む。本通りの歴史と、かつての姿を伝える写真。渡部さんは、来店者から見えやすいよう、レジの後ろに飾っている。

 熊野真さん(71)が経営するワッペン・バッジ店「キシヨウ堂」にも、1939年撮影の店頭写真が1枚だけ残っていた。当時は軍服の縫製や帽章、胸章などの販売をしていた。

 ▽「金属供出」伝える

 店を切り盛りしていた曽祖父秀吉さん=同(70)、祖母恵美子さん=同(42)=のほか、叔母3人と店に住み込みだった従業員数人が命を奪われた。「原爆で何もかもを失っても立ち直ってきたんです」。戦後生まれの熊野さんは、写真を通して店の復興を思う。

 商店街西端の「木定食料品店」(現木定楽器店)には戦時下の「金属供出」を伝えるカットがあった。店内とみられる一角に、鍋ややかんが並ぶ。当時の店主だった故木本定吉さんの孫の泉さん(77)=廿日市市=は「祖父が町内会の役員だったため、各家庭から店に持ち込まれたのでしょう」

 被爆前の街並み。戦争協力と隣り合わせの生活。かけがえのない家族や従業員の犠牲。焦土からの復興―。一枚一枚が、戦争と原爆に強いられた苦難と悲惨を物語る。(山下美波)

被爆前の本通り写真など200枚 広島県内7施設「消えた街」保存

街並み再現 本通りで生きていた被爆前

街並み再現・本通り<1>理髪店主のアルバム

街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

街並み再現・本通り<3>袋町国民学校

街並み再現・本通り<4>商店街

街並み再現・本通り<5>探し続けて

街並み再現 奪われた日常、地図とともに 中国新聞が写真紹介サイト開設

街並み再現 にぎわう八丁堀、戦前から

街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

街並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

街並み再現 本川地区 児童や職人で活気

街並み再現 基町と周辺 軍都の象徴

街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

街並み再現 広島駅「軍都」の玄関口

被爆前の写真、ウェブに1000枚 読者提供続々

街並み再現 その他の写真

街並み再現 日常のカケラ、埋めていく

街並み再現 暮らし語る100枚 福山の遺族が写真保管

街並み再現 爆心地の島病院、継ぐ思い

この記事の写真

  • 木定食料品店に近所から集められたとみられる鍋ややかん。1943年2月の金属供出品の一部だと書かれている(木本泉さん提供)
  • 1935年に撮影された渡部銅器店の外観(渡部聡さん提供)
  • 渡部銅器店の前に立つ男性たち。1943年以前の撮影。奥右の建物は45年の被爆当時、帝国銀行広島支店で、現在は広島アンデルセンの建て替え工事が進んでいる(渡部聡さん提供)
  • 被爆までは革屋町電停(現本通電停)の西側にあったキシヨウ堂。1939年撮影(熊野真さん提供)
  • 木定食料品店の店先に立つ店主の木本定吉さん(撮影時期不明)=木本泉さん提供

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧