生きて

<1> 官邸の主 シンゾーよ 聞きなさい

元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年〜)2020/2/4
東京・永田町の高層ホテルで語る

東京・永田町の高層ホテルで語る

 自民党の政調会長や閣僚を歴任した。郵政民営化に反対して新党をつくり、反自民政権で辣腕(らつわん)を振るった。政界引退から2年余。亀井静香さん(83)の言動は今も耳目を集める。広島県北部の決して裕福ではない農家に生まれ、「教育こそ子に残す財産」と信じる両親の支えで東京大へ。警察官僚を経て政界に飛び込んだ。この日のインタビューは東京・永田町の高層ホテルのラウンジで。首相官邸を見下ろし、語り始めた。

    ◇

 政治家なら誰しも、あそこの主になりたいと思うもんだ。俺も挑戦したけど純ちゃんに負けちゃった。もし総理になっていたら、弱肉強食の新自由主義がはびこる今のような日本にはさせなかったんだけど。

 2003年の自民党総裁選で小泉純一郎首相に敗れ、再選を許した。あれから17年。今の官邸の主を「シンゾー」と呼ぶ

 シンゾーも頑張った。歴代最長になったんだろ。ただね、もうお辞めなさい。牛のよだれ政権だ。ダラダラやるもんじゃねえよ。国民にも飽きがきている。外交にしてもトランプ(米大統領)の言いなりだ。ポチになっちゃあ、いけねえ。

 歯に衣(きぬ)着せぬ物言いだが、安倍晋三首相とのパイプは保つ

 盟友の石原慎太郎(元東京都知事)と連れ立って物申すんだ、シンゾーに。いや、敬意を込めて安倍総理と呼ぼう。彼は言うよ。「政権禅譲なんて、あり得ませんよね」ってね。当たり前だよな。権力の座って勝ち取るもんだぜ。ポスト安倍と言われる連中はなんで「総理そこをどけ、俺がやる」って言わねえんだ。

 敵をいなし、しなやかに身を守る―。学生時代に打ち込んだ合気道の精神を大切にする。策士、暴れん坊、人情家…。さまざまな言われ方をしてきた。問わず語りのその半生記は、どこか笑いと共感を誘う

 今の自民党は上から下までご機嫌取りばかりだ。選挙で党公認がもらえないことを恐れているなら、まったく、だらしがねえよ。政治家はやはり地元に根を張らないと。選挙で困った時も仲間が助けてくれる。俺は、そうして生かされてきたんだ。

(この連載は東京支社・下久保聖司が担当します)

第2回→

  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年〜)の最新記事
一覧

  • <20> ご意見番 不正と闘え 次世代へ伝言 (3/4)

     長年の政治活動が評価され、昨年春の叙勲で旭日大綬章を受けた 地元の人たちは喜んでくれた。一方で、亀井もやはり勲章が欲しいのかと思った人もいただろう。でも、俺は断れないんだよ。賞勲制度を今の形にした張...

  • <19> KK戦争 地元分裂「申し訳ない」 (3/3)

     2019年5月、参院議員を2期務めた3歳上の兄亀井郁夫氏が85歳で亡くなる 俺たちは、まさに賢兄愚弟。兄貴は昔から頭も行儀もよく、褒められっ子だった。思い出すのは俺が修道高を放校され、東京都立の大泉...

  • <18> 政界引退 弱者の側に立つ政治を (2/29)

     2009年の衆院選で自民党が大敗。民主党と共闘した国民新党代表の亀井さんは、鳩山由紀夫政権で郵政改革・金融担当相に就く 政治家人生で一番誇りたいのは、金融担当相としてモラトリアム法(中小企業金融円滑...

  • <17> 郵政解散 刺客ホリエモンと今は (2/28)

     2003年の自民党総裁選で敗れた亀井さんは、小泉純一郎首相が旗を振る郵政民営化に反対して05年に離党。国民新党を立ち上げる 小泉改革とか劇場政治とか騒がれたが、俺に言わせれば雄の珍獣が見せ物のサーカ...

  • <16> 政治とカネ 屈指の「集金力」 派閥運営 (2/27)

     今考えても大変失礼なことを言ってしまった。元首相の竹下登先生に対してだよ。「俺の方があんたより長生きする。毎年のあんたの命日に墓参りに行き、小便を引っ掛けてやるって」。詳しくは覚えてないんだが、絶対...