生きて

<7> 警察キャリア官僚 出世ルート外れる人事

元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年〜)2020/2/12 9:06
将来の進路に思い悩んだ20代前半の亀井さん(中)

将来の進路に思い悩んだ20代前半の亀井さん(中)

 化学メーカーを1年で退社。1961年、東京に戻る

 日米安全保障条約の改定を巡る、いわゆる60年安保闘争が起き、東京大で顔見知りだった樺美智子さんが国会前の衝突で亡くなった。ショックだった。会社を辞めたのとは直接関係はないけど、俺も何か新しい挑戦をしようと考えた。目指したのは警察と国家公務員の上級職。キャリア官僚というやつだよ。

 東京大の合気道部の道場に泊まり込み、ミカン箱を机に猛勉強する

 畳敷きで広いし、風呂も無料。最高の環境だった。俺は子どもの頃から大勝負のテストには強くてね。国家公務員上級は3番で合格。当時の通産、運輸、建設の3省から誘いを受けたけど、俺の本命は警察庁。その合格発表の前だったので、ひとまずは通産省の面接に行ったんだ。

 ところが官房長との面接でひと悶着(もんちゃく)があった。会社を1年で辞めたことを「浮気性なのか」と言うから、腹が立ってね。「俺の人生にけちをつけるな。不愉快だ」って席を立った。しばらくして警察上級も7番で合格の知らせが届いた。

 警察大学校で半年間の研修を受けた後、浅草署で実務修習を積む

 ある日、浅草の交番に立っていたら、タクシー運転手が「強盗だ」って飛び込んできた。近隣の飲み屋を片っ端から訪ねると、ある店で止まり木に座っていた男がすっと目をそらした。とっ捕まえた。俺はまだ修習生だったので署長賞を交番に渡した。その後、外国のスパイを追う外事課や東京駅に近い中央署、公安1課でも修習を積んだけど、警察庁の上の方にすれば扱いにくい若造だったみたい。それを俺が痛感したのは人事だったな。

 初の地方勤務は鹿児島だった

 警察上級の同期は10人ほどで、多くは警視庁や神奈川県警、大阪府警に配属された。地方警察にも序列があってね。かわいげのない俺を遠くに行かせようと上の方は考えたんだろ。最初から出世ルートから外された。鹿児島県警での役職は監察室長。簡単にいえば、警察内部でルールが守られているか調べるのが仕事だ。部下はみんないい人だったけど、俺は妻子と離れての単身赴任。寂しさもあって、休日、桜島を眺めてため息ばかりついていたな。

←第6回第8回→

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年〜)の最新記事
一覧

  • <20> ご意見番 不正と闘え 次世代へ伝言 (3/4)

     長年の政治活動が評価され、昨年春の叙勲で旭日大綬章を受けた 地元の人たちは喜んでくれた。一方で、亀井もやはり勲章が欲しいのかと思った人もいただろう。でも、俺は断れないんだよ。賞勲制度を今の形にした張...

  • <19> KK戦争 地元分裂「申し訳ない」 (3/3)

     2019年5月、参院議員を2期務めた3歳上の兄亀井郁夫氏が85歳で亡くなる 俺たちは、まさに賢兄愚弟。兄貴は昔から頭も行儀もよく、褒められっ子だった。思い出すのは俺が修道高を放校され、東京都立の大泉...

  • <18> 政界引退 弱者の側に立つ政治を (2/29)

     2009年の衆院選で自民党が大敗。民主党と共闘した国民新党代表の亀井さんは、鳩山由紀夫政権で郵政改革・金融担当相に就く 政治家人生で一番誇りたいのは、金融担当相としてモラトリアム法(中小企業金融円滑...

  • <17> 郵政解散 刺客ホリエモンと今は (2/28)

     2003年の自民党総裁選で敗れた亀井さんは、小泉純一郎首相が旗を振る郵政民営化に反対して05年に離党。国民新党を立ち上げる 小泉改革とか劇場政治とか騒がれたが、俺に言わせれば雄の珍獣が見せ物のサーカ...

  • <16> 政治とカネ 屈指の「集金力」 派閥運営 (2/27)

     今考えても大変失礼なことを言ってしまった。元首相の竹下登先生に対してだよ。「俺の方があんたより長生きする。毎年のあんたの命日に墓参りに行き、小便を引っ掛けてやるって」。詳しくは覚えてないんだが、絶対...