コラム・連載・特集

【こちら編集局です】突然休校「どうすれば…」 親が職場で感染も/対策は必要

2020/2/27 22:53

 全国の小中高校と特別支援学校の一斉休校の政府方針を受け、編集局は無料通信アプリLINE(ライン)を通じ、フォロワーに受け止めを聞いた。約2時間で342件の声が寄せられた。一部を紹介する。

 ・病院勤務で休校中も休めない。親が感染源になる可能性もある。(下松市・病院職員女性・44歳)

 ・非正規で公立小で働いている。出勤しないと収入がなく生活が成り立たない。(東広島市・女性・50歳)

 ・卒業まであと数えるほど。毎日惜しむように過ごしているのに悲しい。中国地方に感染者はいないし、親が職場で感染するかもしれず、休校にしても意味がない。もっと首相に考えてもらいたい。(広島県府中町・小学6年女子・12歳)

 ・子どもが3人おり夫は単身赴任中。私は仕事が休めない。給料も減るので早帰りもしたくない。(廿日市市・パート女性・33歳)

 ・電車通学で、換気が不十分な環境が不安だった。ほっとした。(広島市佐伯区・高校生男子・17歳)

 ・特別支援学校に通う子どもがいる。数十分でも1人にできない。仕事も休めず親の負担は大きい。(安芸区・会社員女性・43歳)

 ・息子は小学3年。非正規で働いており、休むと収入がない。給料面での補償を示してほしい。(西区・パート女性・46歳)

 ・これくらいの大胆な対策も必要。ただ働く親が休めるよう政府から企業へ働き掛けを。(南区・パート女性・56歳)

 ・私は管理職。パート社員が多く、休まれたら不安定な状況になり困る。(福山市・会社員男性・40代)

 ・こんなことより、検査の整備に時間やお金を使ってほしい。(広島市安佐南区・事務員女性・49歳)

 ・後手後手になった対応への批判を緩和しようとの魂胆が透けて見える。(三次市・パート女性・39歳)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報