生きて

<17> 郵政解散 刺客ホリエモンと今は

元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年〜)2020/2/28
郵政解散選挙で傘を差さず街頭演説をする亀井さん(2005年9月)

郵政解散選挙で傘を差さず街頭演説をする亀井さん(2005年9月)

 2003年の自民党総裁選で敗れた亀井さんは、小泉純一郎首相が旗を振る郵政民営化に反対して05年に離党。国民新党を立ち上げる

 小泉改革とか劇場政治とか騒がれたが、俺に言わせれば雄の珍獣が見せ物のサーカスだったな。振付師は経済学者の竹中平蔵だ。「古い物は淘汰(とうた)されるべきだ」と言いながら、実際は米国迎合だ。郵便局が当時国民から預かっていた資産は300兆円以上。日本進出を目指す米資本にとってはやっかいな存在で、民営化で経済主権を奪おうとしたんだ。

 俺が離党してまで郵便局を守ろうとしたことに、地元支援者は驚いたようだ。元々郵政族じゃないし、特定郵便局長らが支援してきたのは自民党主流派で、俺は距離を置かれていたんだ。国民のため国益を思って行動したが、純ちゃんに抵抗勢力に仕立て上げられた。

 自民党が広島6区に送った刺客は堀江貴文氏。IT企業の経営者で時代の寵児(ちょうじ)だった

 「ホリエモン」がやって来たとマスコミは大騒ぎしたが、俺は全く怖くなかった。最初立候補した衆院選の厳しさと比べると天地の差だよ。

 土砂降りの雨の中、亀井さんは傘も差さず熱弁を振るった

 あんなの名場面じゃねえよ。俺は昔から演説中は傘を差さないようにしているんだ。だって、聞いてくれる人の中には傘を持っていない人もいるでしょ。有権者と同じ立場、同じ目線に立ってこそ、政治を語れるんじゃねえか。

 亀井さんが連続10選を飾った一方、堀江氏は後に証券取引法違反容疑などで逮捕され、懲役2年6か月の実刑判決が11年に確定する

 選挙中は一言も交わさなかったが、徒手空拳で挑んできた勇気は認める。刑務所へ面会に行こうと思ったが、残念ながら実現しなかった。ようやく会えたのは昨年のことだ。

 19年6月、民放のテレビ番組で堀江氏との対談が実現する

 再び選挙に出るよう勧めた。「政界を乗っ取るなら今がチャンスだ。あなたが立てば嵐を起こせる」と。ホリエモンは「勘弁してください」と笑っていた。聞けば宇宙観光のロケット開発計画を進めているというから、俺も出資した。夢を追う若者って、いいじゃないか。

←第16回第18回→

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

元自民党政調会長 亀井静香さん(1936年〜)の最新記事
一覧

  • <20> ご意見番 不正と闘え 次世代へ伝言 (3/4)

     長年の政治活動が評価され、昨年春の叙勲で旭日大綬章を受けた 地元の人たちは喜んでくれた。一方で、亀井もやはり勲章が欲しいのかと思った人もいただろう。でも、俺は断れないんだよ。賞勲制度を今の形にした張...

  • <19> KK戦争 地元分裂「申し訳ない」 (3/3)

     2019年5月、参院議員を2期務めた3歳上の兄亀井郁夫氏が85歳で亡くなる 俺たちは、まさに賢兄愚弟。兄貴は昔から頭も行儀もよく、褒められっ子だった。思い出すのは俺が修道高を放校され、東京都立の大泉...

  • <18> 政界引退 弱者の側に立つ政治を (2/29)

     2009年の衆院選で自民党が大敗。民主党と共闘した国民新党代表の亀井さんは、鳩山由紀夫政権で郵政改革・金融担当相に就く 政治家人生で一番誇りたいのは、金融担当相としてモラトリアム法(中小企業金融円滑...

  • <17> 郵政解散 刺客ホリエモンと今は (2/28)

     2003年の自民党総裁選で敗れた亀井さんは、小泉純一郎首相が旗を振る郵政民営化に反対して05年に離党。国民新党を立ち上げる 小泉改革とか劇場政治とか騒がれたが、俺に言わせれば雄の珍獣が見せ物のサーカ...

  • <16> 政治とカネ 屈指の「集金力」 派閥運営 (2/27)

     今考えても大変失礼なことを言ってしまった。元首相の竹下登先生に対してだよ。「俺の方があんたより長生きする。毎年のあんたの命日に墓参りに行き、小便を引っ掛けてやるって」。詳しくは覚えてないんだが、絶対...