コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

2020/3/8 21:09
買い物客たちが歩く中島本通り。右手前が「廿日市屋」で、右奥の「大正屋」の看板は「大正屋呉服店(被爆時は燃料会館)」。1938〜39年の撮影と推定(広島市公文書館所蔵)

買い物客たちが歩く中島本通り。右手前が「廿日市屋」で、右奥の「大正屋」の看板は「大正屋呉服店(被爆時は燃料会館)」。1938〜39年の撮影と推定(広島市公文書館所蔵)

 ▽平和公園、ここは街だった

 元安川と本川に挟まれたデルタ地帯に広がっていた旧中島地区は、商店や住宅がひしめく生活の場だった。第2次世界大戦末期の1945年8月6日、地区の北側に架かる相生橋を目標に、米軍が原爆を投下。爆心直下の街は徹底的に焼き尽くされた。その地に戦後整備されたのが、緑豊かな平和記念公園(広島市中区)である。地区の中でも特に「あの日」までにぎわっていた中島本町の被爆前を、写真からたどる。

 ▽犠牲の家族、生きた証しを

 「私の家です。こんなに古びていたのね」。広島市南区の高松翠さん(86)が、モノクロ写真を手に取り、懐かしそうに笑った。中島本通りを、着物姿の女性や学生が行き交う。「かもじと化粧品」と書かれた看板の一部が見える建物は、父の木原真一さんが営んでいた店「廿日市屋」。高松さんの生家でもある。

 写真は、現在の原爆慰霊碑近くにあった「スター写真館」の経営者遺族が2014年、広島市公文書館に寄贈した一枚。原爆に全てを焼かれてしまった高松さんにとって、被爆前のわが家のたたずまいを目にするのは75年ぶりだ。

 廿日市屋は、大正屋呉服店(現レストハウス)の2軒西隣にあった。高松さんは、学校が終わると元安川で泳ぎ、広島県産業奨励館(現原爆ドーム)の対岸でままごと遊びを楽しんだ。

 1945年4月、中島国民学校6年だった高松さんは、家族から離れて県北に学童疎開した。木原家は、空襲時の火災に備えて空き地をつくる「建物疎開」でほどなく立ち退き、慈仙寺近くに移った。現在の原爆供養塔の北側に当たる。

 8月6日、原爆が投下された。家を出て学徒動員先へ向かっていた姉と兄は無事だったが、両親と弟2人が犠牲になった。自宅跡に真一さん=当時(48)=と母政子さん=同(42)=とみられる遺骨があったと姉から聞いた。弟寛さん=同(4)=と稔さん=同(1)=は行方不明のままだ。

 長年、平和記念公園にはどうしても足が向かず、原爆に関して進んで語ろうとしなかった。そんな高松さんの心境が変化し始めたのは、20年ほど前。元住民との交流を深める中で、レストハウスの保存・活用策にも関心を寄せるようになった。「公園内で唯一残る被爆建物を残していくことは、家族が生きた証しにもなる。最初から公園だったと誤解されたくない」

 現在、レストハウスの改修工事が進んでいる。被爆75年の節目を控えた7月に再オープンし、旧中島地区について伝える展示スペースが設けられる予定だ。

 大正屋呉服店は、戦争中の繊維統制令で1943年に閉店。被爆時は県燃料配給統制組合の「燃料会館」として使われていた。爆心地から約170メートル。職員37人のうち8人が建物から脱出できたものの、奇跡的に助かった1人を除き全員が犠牲となった。

 浜井徳三さん(85)=廿日市市=の親戚、浜井ミサ子さん=当時(22)=もその一人だ。地下室で被爆後、元安橋の下で一晩過ごした。翌日、浜井さんが疎開していた宮内村(現廿日市市)へ逃げてきた。

 その後、浜井さんの祖母宅に身を寄せたミサ子さん。目立った外傷はなかったが、8月23日に大量の血を吐いた。浜井さんは、手を振りながら息絶えたミサ子さんの最期が忘れられない。

 「廿日市屋」に近い「浜井理髪館」で育った浜井さん自身、家族4人を奪われ一人生き残った。遺骨は見つかっていない。「今も家族がどこかに隠れているのではないか、と感じて」。時間を見つけては平和記念公園に足を運ぶ。

 高松さんと浜井さんは、爆心直下の元住民の証言を集めている市民団体「ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会」で語るなどして、旧中島本町の記憶を次世代に伝えている。「父たちは一生懸命、ここで生きていた」。国内外からの観光客や修学旅行生に、自分たちが暮らした街の姿を実感してもらいたいと願う。(山下美波)

被爆前の本通り写真など200枚 広島県内7施設「消えた街」保存

街並み再現 本通りで生きていた被爆前

街並み再現・本通り<1>理髪店主のアルバム

街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

街並み再現・本通り<3>袋町国民学校

街並み再現・本通り<4>商店街

街並み再現・本通り<5>探し続けて

街並み再現 奪われた日常、地図とともに 中国新聞が写真紹介サイト開設

街並み再現 にぎわう八丁堀、戦前から

街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

街並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

街並み再現 本川地区 児童や職人で活気

街並み再現 基町と周辺 軍都の象徴

街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

街並み再現 広島駅「軍都」の玄関口

被爆前の写真、ウェブに1000枚 読者提供続々

街並み再現 その他の写真

街並み再現 日常のカケラ、埋めていく

街並み再現 暮らし語る100枚 福山の遺族が写真保管

街並み再現 爆心地の島病院、継ぐ思い

この記事の写真

  • 生家「廿日市屋」の場所に立ち「家の前でよくまり突きをして遊んでいました」と懐かしむ高松さん(撮影・高橋洋史)
  • 産業奨励館(現原爆ドーム)の対岸で写真に納まる浜井徳三さん(2列目中央)と近所の子どもたち。1938年撮影(浜井さん提供)
  • 「できることならここに戻り、暮らしたい」。「浜井理髪館」があった場所で、原爆ドームを背に語る浜井さん(撮影・藤井康正)
  • 洋画を上映していた映画館「昭和シネマ」(元「世界館」)。看板にある「チャルダス姫」は1934年のドイツ映画(広島市公文書館所蔵)
  • 昭和初期の浄宝寺(右)。原爆で焼失し、孤児となった前住職の諏訪了我さん(昨年85歳で死去)が戦後、中区大手町に寺を再建した(浄宝寺提供)
  • 中島本通りの「矢野靴店」前に立つ1940年ごろの橋垣勉さん(84)=西区。この斜め向かいにあった「藤本製菓」を営む伯母宅で一時期を過ごした(橋垣さん提供)
  • 本川橋東詰めから東を望む。生家「藤井商会」近くで手押し車を押す現在84歳の石田和子さん(西区)。撮影した父藤井末治郎さんは被爆死した。1938年ごろ撮影(石田さん提供)
  • かつて石田和子さんが手押し車を押した辺りの被爆後の惨状。奥右は燃料会館。1945年9月ごろ、佐々木雄一郎さん撮影

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧