コラム・連載・特集

【こちら編集局です】旅立ちの春、思いあふれ 新型コロナで休校。式中止・縮小「残念」

2020/3/10 23:25
式後、教室で記念撮影する修道高の卒業生たち。換気のために窓は開けられていた(7日、広島市中区)

式後、教室で記念撮影する修道高の卒業生たち。換気のために窓は開けられていた(7日、広島市中区)

 新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、全国で卒業式の中止や縮小が相次いでいる。突然の臨時休校で友だちや後輩に会えないまま、人生の節目を迎える卒業生も多いようだ。編集局にも連日、子どもたちの気持ちを思いやる保護者や先生の声が寄せられている。少し寂しい「旅立ちの春」、子どもたちは何を思っているのだろう。

 体育館の扉も教室の窓も換気のために開け放たれ、冷たい風が吹き込んでいた。7日、広島市中区の修道高の卒業式。約560人いる在校生の姿はなく、卒業生277人は異例の門出の日を迎えていた。

 午前10時前、体育館に向かうと、入り口には消毒用アルコールが置かれていた。生徒や保護者が手にすり込んで会場へ。配布された座席表には在校生の席も記されたままだった。

 「先輩の未来が素晴らしく輝くものであることを、出席できなかった在校生一同、心より願っています」。たった一人で送辞を読み上げたのは、生徒会長の中村碧さん(16)。前夜まで文面をひねり、「後輩不在」の思いを盛り込んだという。

 卒業式そのものが中止になった学校も多い。安佐南区の安田女子大では8日の式典がなくなった。制服にマスク姿の4年生が学内で学科ごとに集まると、「濃厚接触を避けるため」と机に1枚ずつ卒業証書が置いてあった。保護者の来場も認められなかった。

 小西望さん(22)は「謝恩会が中止されなければ、はかまが着られたのに…。母親も楽しみにしていたので残念です」と話した。

 南区の県立広島大も卒業式を中止し、学科だけの授与式にする予定だ。保護者や在校生は参加できない。卒業を間近に控えた軟式野球部マネジャーの川元愛恋(えれん)さん(23)はそわそわしていた。「式後の後輩による『出待ち』もだめみたい。伝統的に先輩へ花束を贈っていたし、私もやってほしかったな」

 在校生のお祝いメッセージを工夫を凝らして伝えていた学校もあった。南区の段原小は臨時休校前の2月下旬、恒例の「6年生を送る会」を動画方式に切り替えた。児童の集団感染のリスクを避けるための苦渋の選択だったという。

 収録した約45分間の映像を校長室で見せてもらった。「この日のために一生懸命準備しました」。在校生の女の子がカメラに向かって話し出す。続いて1〜5年生が歌やダンスを披露。学年ごとの発表が終わるたび、司会役の男の子が登場する凝りようだ。開かれるはずだった会の様子が十分に伝わってきた。

 子どもたちとの駆け足でのお別れに、先生も奮闘している。安佐北区のある中学校では、未完成のままの卒業制作の装飾品を教員が引き継いで作っていた。「なんとか完成できそう。卒業式にサプライズでお披露目したい」と校長。ここにも「伝えたかった気持ち」があふれていた。(和多正憲、山田英和)

【#みんなの卒業式】伝えたかったこと。やりたかったこと。ありませんか

 新型コロナウイルスの感染拡大によって突然決まった卒業式の中止や縮小に、戸惑いが広がっているようです。友だちや先生、先輩や後輩に「伝えたかった言葉」や、門出の日に「したかったこと」はありませんか。「こちら編集局です―あなたの声から」は、そんな気持ちを受け止め、つなぎたいと「#みんなの卒業式」を始めます。無料通信アプリLINE(ライン)でメッセージや写真、動画を募ります。あなたの思いを紙面や中国新聞デジタルで伝えませんか。 

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報