コラム・連載・特集

【こちら編集局です】臨時休校中、公園遊びも禁止? 文科省「運動妨げない」

2020/3/12 22:36

 「臨時休校中、子どもは公園で遊ぶのも禁止されているのでしょうか」。広島県坂町の福祉施設に勤める女性(46)から編集局にこんな声が届いた。文部科学省に取材すると、「公園に行くのを一律に制限してはいない」と担当者。同様の問い合わせが相次いだとして、「屋外での運動や散歩は妨げない」との見解を全国の教育委員会に伝えたという。広島県内では校庭を開放する動きも出始めた。

 女性には、小学5年の長男(11)がいる。2日に臨時休校が始まってほどなく、学校から「公園で集団で遊んでいる人がいた」「家で元気に過ごすように」との電子メールが届いた。

 周りの目を気にして公園で遊ばせるのを控えていると、長男は保育園児の次男(6)にイライラをぶつけるように。「どうすればいいのか」と悩んでいた。

 文部科学省は2月28日、全国一斉の臨時休校を要請する通知を出した。当初、子どもたちは「基本的に自宅で過ごす」との考えで、ホームページ(HP)の臨時休校に関する「Q&A」でもそう説明していた。

 しかし、その後に「公園はいいのか」という質問が多く寄せられ、今月9日に新たな見解を公表。「屋外での適度な運動や散歩は妨げない」「運動機会の確保のため校庭開放も一律に否定しない」などの内容で、HPも更新した。文科省健康教育・食育課は「もともと外遊びを禁ずる意図はなかったが、より分かりやすく示した」とする。

 これを受けて坂町教委は12日、町内3小学校と1中学校の校庭について、平日の4時間の開放を始めた。教職員が児童、生徒を見守り、遊具を小まめに消毒する。

 県小児科医会副会長の西村真一郎医師は「子どもが十分な睡眠を確保し、生活リズムを保つためにも、日中に外気に触れて運動するのは必要。その後はしっかりと手洗いをしてほしい」と助言する。(久保友美恵)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報