コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

2020/3/17 0:02
衣料品店や酒店などが沿道に並んでいた1943年ごろの「材木町筋」(高橋昌子さん提供)

衣料品店や酒店などが沿道に並んでいた1943年ごろの「材木町筋」(高橋昌子さん提供)

 ▽下町の薫り、今は祈りの地

 平和記念公園(広島市中区)のおおよそ南半分は、かつての材木町、天神町北組と元柳町。毎年8月6日には平和記念式典の会場となり、芝生広場と周辺に世界各国の代表や市民、約5万人が参列する。観光客が原爆慰霊碑に手を合わせ、原爆資料館でヒロシマに触れている。ここに、75年前までどんな日常があったのだろうか。(山下美波)

 ▽姉に連れられ映画館へ 原爆投下で途切れた思い出

 東西に高床式の建物が延びる原爆資料館本館。改装と耐震補強を機に2015年11月から約1年5カ月間、発掘調査が行われた。敷石がはぎ取られ、「封印」されていた焼け跡が姿を見せた。黒焦げのしゃもじ、溶けた牛乳瓶…。「今中圭介」と彫られたすずりも出土した。

 「ここで生まれ育ったことを、長い間明かしていませんでした」。本館の北東側に立ち、今中圭介さん(84)=安佐南区=が語った。

 貿易商を営む両親の元に育った。生家「今中商会」は、現在の資料館本館や芝生広場をほぼ南北に走っていた「材木町筋」沿い。近所の誓願寺にあった無得幼稚園に通い、境内で竹馬、墓地では肝試しをした。下町情緒の残る一角だった。

 1945年春、今中さん一家は八木村(現安佐南区)へ疎開した。8月6日、紙屋町(現中区)の住友銀行広島支店に勤めていた姉博子さん=当時(17)=は、朝早く家を出たきり行方不明に。娘を捜し歩いた父圭三さん=同(49)=も2カ月後、被爆の急性症状に苦しみ亡くなった。「洋風の外観が目立っていた」自宅は焼け落ちた。

 行動的だった生前の博子さん。女学生1人での映画観賞はご法度だった時代に、幼い今中さんを同行させ、近くの中島本町の映画館で「弟が見たがっている」と入り口をくぐった。「帰りに『一銭洋食』を買ってくれました。親への口止めです」。年の離れた姉との数少ない思い出だ。

 そんな博子さんの写真を、同じ材木町に住み、広島女子商業学校(現広島翔洋高)の同級生だった高橋昌子さん(91)=埼玉県川口市=が大切にしている。制服姿の2人の記念写真。仲の良さが伝わってくる。

 博子さんは、体が弱くてよく寝込んでしまう高橋さんを見舞う優しい友人だったという。高橋さん自身は岡山県内の祖母宅にいて直爆を免れたが、軍需品を扱う家業「井上商工」の作業場にいた姉井上濱(はま)子さん=当時(21)=や従業員を失った。戦後は埼玉県原爆被害者協議会で活動し、国内外で被爆証言を続けてきた。

 記者は、高橋さんから写真の複写を預かった。それを見た今中さんは「こんなに鮮明な一枚があったとは」と驚き、高橋さんに初めて連絡した。記憶を語ってもらいながら、あらためて痛感したという。「姉の青春を奪った原爆がいかにむごいものかと」

 爆心直下の旧中島地区。今中さん宅の近所でも一家全滅が少なくない。地中に眠っていたすずりとの「再会」を機に、今中さんも体験証言を始めている。

   ◇

 このほかの旧中島地区と周辺の写真約150枚を、31日にウェブサイト「ヒロシマの空白 街並み再現」で公開します。広島市内の被爆前を捉えた写真の募集もしています。

https://hiroshima75.web.app/

被爆前の本通り写真など200枚 広島県内7施設「消えた街」保存

街並み再現 本通りで生きていた被爆前

街並み再現・本通り<1>理髪店主のアルバム

街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

街並み再現・本通り<3>袋町国民学校

街並み再現・本通り<4>商店街

街並み再現・本通り<5>探し続けて

街並み再現 奪われた日常、地図とともに 中国新聞が写真紹介サイト開設

街並み再現 にぎわう八丁堀、戦前から

街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

街並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

街並み再現 本川地区 児童や職人で活気

街並み再現 基町と周辺 軍都の象徴

街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

街並み再現 広島駅「軍都」の玄関口

被爆前の写真、ウェブに1000枚 読者提供続々

街並み再現 その他の写真

街並み再現 日常のカケラ、埋めていく

街並み再現 暮らし語る100枚 福山の遺族が写真保管

街並み再現 爆心地の島病院、継ぐ思い

この記事の写真

  • 生家「今中商会」前に立つ今中圭介さん。1940年ごろ撮影(今中さん提供)
  • 「間口が狭く、奥行きのある家が立ち並んでいました」。かつての自宅付近で、旧材木町の街並みについて語る今中さん(撮影・高橋洋史)
  • 天神町北組の公設市場には青果店や鮮魚店、精肉店が並び、にぎわった。1940年ごろ撮影(菊地繁三さん提供)
  • 本川沿いの元柳町にあった森永食糧工業広島支店。1927年までは芸備銀行(現広島銀行)本店だった建物(森永製菓史料室提供)
  • 今中さんが通った誓願寺の無得幼稚園のお遊戯会。境内で園児が日の丸を掲げ、万歳している(今中さん提供)
  • 誓願寺の「ひょうたん池」前に座る現在88歳の大西安子さん(左端)=高知県土佐清水市。隣は、後に原爆で行方不明となる妹の畦田桂子さん。原爆資料館本館南側の噴水「祈りの泉」辺り。1940年ごろ撮影(大西さん提供)
  • 被爆後の1945年10月29日の旧中島地区。原爆資料館本館北側辺りから北を望む。中央に広島県産業奨励館(現原爆ドーム)、その右に燃料会館(現レストハウス)。写真右端から燃料会館の方向へ延びる一本道が材木町筋(米戦略爆撃調査団撮影、米国立公文書館所蔵)
  • 広島女子商に通っていた頃の高橋さん(右)と博子さん(高橋さん提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧