コラム・連載・特集

サワラ編 <6> 流し網半世紀 伝統の技、浮沈越え守る

2020/3/18 9:25
サワラ漁を続けてきた豊田さん

サワラ漁を続けてきた豊田さん

 夜の海に長さ数百メートルから1キロ余りの網を投入し、潮に任せて弓状に曲がるまで流しておく。産卵に来たサワラが網目に刺さって逃げられなくなり、網もろとも揚げる。瀬戸内海に春を告げるサワラ漁は、伝統的にこうした流し網で行われてきた。
(ここまで 115文字/記事全文 856文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧