コラム・連載・特集

佐々木満(ささき・みつる) 二つの“地産ちしょう”

2020/3/19 7:13
佐々木満さん(庄原商工会議所会頭)

佐々木満さん(庄原商工会議所会頭)

 広島から庄原に移り住んで29年、商工会議所会頭を拝命してはや2期目の4年目となりました。人口減少、少子高齢化、地場商店の衰退など、まさに課題山積の中、地域の総合経済団体として「頼りになる・攻める会議所をめざして」をスローガンに、一丁目一番地の小規模事業者への支援はもちろん、官民合同の「庄原の人口問題をとことん考える民間会議」や「庄原でいきいき働く協議会」、また「庄原MaaS検討会」を立ち上げ、地域課題の解決に向け、諸施策を展開しています。
(ここまで 222文字/記事全文 829文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧

  • 土本康生(つちもと・やすお) 北風と太陽 (2/28)

     インターネットの通信技術を専門とする私がインターネットに初めて出会ったのは高校を卒業し広島を離れて進学した先の大学だった。今から30年前のことだ。まだ日本には今のようなインターネットは存在せず、一部...

  • 杉川綾(すぎかわ・りょう) 次代のまちを目指して (2/25)

     一般社団法人広島青年会議所は昨年、創立70周年を迎えました。くしくも新型コロナウイルスの世界的流行が重なり、まちづくりに尽力してきた私たちにとっても、多くの制限の中で運動を展開する苦難の1年となりま...

  • 住岡健太(すみおか・けんた) 亡き父からのバトン (2/17)

     私は現在、NPO法人PCV(ピース・カルチャー・ビレッジ)の一員として、広島を訪れる修学旅行生に対して、または広島県内の学校に出向いて平和学習の機会を提供しています。平和記念公園(広島市中区)を巡る...

  • 梶田滋(かじた・しげる) 会計で地域に貢献 (2/14)

     公認会計士と聞いてどのような印象をお持ちでしょうか。大きな業務として会計監査があり、最も一般的なのは上場企業に対する監査業務でしょう。ほかにも信用金庫、信用組合、学校法人、公益法人、農協、社会福祉法...

  • 絹川智紹(きぬがわ・ともあき) 広島で出会った2人 (2/11)

     土地にはその地ならではの力がある。転勤暮らしのたびにそう思う。6か所目の赴任地・広島はきれいな街だと思った。川が幾つも流れ、緑も多い。ただ広島で生活し、人々と話していくうちに見えない力が被爆地の歴史...