コラム・連載・特集

【こちら編集局です】ハンドドライヤー衛生的か 新型コロナ拡大、使用中止の動き広がる

2020/3/22 20:46
使用中止を知らせる紙が置かれたスーパーのトイレのハンドドライヤー(広島市東区)

使用中止を知らせる紙が置かれたスーパーのトイレのハンドドライヤー(広島市東区)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、商業施設やホテルなどのトイレに設けられているハンドドライヤーの使用を中止する動きが広がっている。温風で手の水滴を吹き飛ばすためウイルスが拡散される―。インターネット上にそんな話が出ているが、「ぬれた手でハンカチを探すより衛生的なのでは?」との疑問が編集局に寄せられた。本当に使わない方がいいのだろうか。

 ▽感染リスク「はっきりしない」

 「ウイルス感染症予防のため使用を中止しております」。広島市東区のスーパー「ゆめマート二葉の里」。各トイレに設置されたハンドドライヤーに、そんな張り紙が掲げられていた。上から手を差し込むと風が吹き出して乾燥させるタイプだ。

 運営する地場流通大手のイズミ(東区)に尋ねると、2月中旬から直営の102店で使用を中止したという。参考にしたのは国立感染症研究所(東京)が2009年、職員向けに作った新型インフルエンザ発生時の行動計画だった。イズミ以外にもこの計画に沿って対応した施設管理者は多く、使用中止が拡大した根拠の一つと言えそうだ。

 行動計画はネットで公開されており、確かに「温風ジェット乾燥機は使用禁止」との記述がある。同研究所に理由を聞くと「同様の問い合わせが相次いでいるが、当時を知る者がおらず明確な根拠は分からない。計画は所内向けで、新型コロナウイルスを念頭に置いたものでないことは理解してほしい」という。

 ハンドドライヤーのメーカーにも問い合わせが相次いでいた。あるメーカーの担当者は「感染のリスクや経路でさまざまな情報が飛び交う中、絶対大丈夫と言えない。使用の是非についてはコメントは控える」と話した。

 ハンドドライヤーは感染リスクを高めるのか。より衛生面で高い意識が求められる医療施設や検査機関などでは不向きと指摘する専門家はいる。そうした現場ではペーパータオルを使う傾向にあるという。

 ハンドドライヤーの衛生面について調べた実験結果もある。英リーズ大の研究チームが14年に発表した内容によると、英国、フランス、イタリアの病院のトイレの洗面所で手を乾かす際、周辺に残る細菌量についてハンドドライヤーとペーパータオルとを比較した結果、3カ国全てでハンドドライヤーの方が多かったという。

 ただ、現時点では「ハンドドライヤーが新型コロナウイルスの感染リスクを高めるかどうかは、はっきりしない」(広島県健康対策課)というのが実情のようだ。国などは小まめな手洗いを求める一方、ハンドドライヤーの使用の是非について言及していない。

 「いずれにしても、手を洗った後、新たに細菌などが付きにくくするために乾燥させるのは感染予防対策で最重要の基本」と、医学博士で手洗い指導に詳しい県食品生活衛生課の松岡俊彦課長は強調する。さらに保湿して手荒れを防ぐことも予防につながるという。

 きちんと手を洗い、しっかり乾かす。新型コロナウイルスから身を守る手段として、これだけは確かだ。(木原由維) 

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報