コラム・連載・特集

【こちら編集局です】家庭内暴力、我慢せず声を 「新型コロナで在宅時間増。DV深刻化が心配」

2020/4/7 22:19
広島県内の女性は在宅ワーク中の夫から受けた暴言を手帳に記録している

広島県内の女性は在宅ワーク中の夫から受けた暴言を手帳に記録している

 ▽相談機関、外出自粛でも対応

 配偶者やパートナーからの暴力「ドメスティックバイオレンス」(DV)が、新型コロナウイルスの影響で深刻化するのではないか―。そんな声が広島県内でDV被害者を支援する現場から編集局に寄せられている。いったい、なぜなのか。おびえるDV被害者や、心配する支援者たちを訪ねた。

 「夫が在宅ワークするようになってから、家の中では気が休まらなくて…」。今月初め、県内の女性は疲れた表情を見せた。

 会社員の夫は「主婦のくせに家事もまともにできないのか」が口癖。食器の並べ方や料理の味など細かい文句を言い、怒るとテレビのリモコンなどを投げる。その夫が会社の感染対策で月の大半は在宅ワークとなり、家にいる時間が1日10時間も増えた。

 夫は外に出られずいらだつのか、ますます口うるさくなった。朝から晩まで家事をチェックし、文句を言う。女性が出掛けようとすると「ウイルスが家に持ち込まれる。感染したらおまえのせいだ」と怒鳴られた。暴力がエスカレートするのが怖い。「これまで夫の帰りが遅いのが救いだったのに。いつまで我慢すればいいんでしょうか」と女性は嘆く。

 暴力は夫からだけにとどまらない。貧困に苦しむ家庭などを支えるNPO法人食べて語ろう会(広島市中区)には、多くの学校で休校が始まった3月、子どもの暴力に悩む母親から相談が相次いだ。

 給食の代わりの昼食費が負担になる家庭も少なくない。ある母子家庭の親からは「中学生の息子に十分食べさせてやれない。息子はストレスをため、私に暴力を振るうようになった」と訴えが届いたという。

 こうした家庭内の暴力がもっと増える恐れがあると、県内自治体の婦人相談員や民間支援者は心配する。外出自粛が長期化すると、家族が自宅に一緒にいる時間が増える。さらに、経済が縮み、雇用が不安定になる中、家計悪化はDVの温床となるからだ。

 こんなときこそ、相談することが大切だ。しかし、外出自粛は相談機関の活動にも影響を及ぼす。

 NPO法人小さな一歩・ネットワークひろしま(広島市西区)は、家庭内の悩みなどを傾聴する常設のスペースを今月1日に臨時閉鎖した。人の密集を避けるためで、再開の見通しが立たない。DV被害者の一時保護にも携わる同法人の米山容子代表(61)は「苦渋の決断」と語る。定期的にスペースに来て精神的な安定を保ってきた人もおり、緊急のSOSに対応するため、個別面談の電話予約は受け付けている。

 エソール広島(中区)は3月は感染予防のため、相談事業を縮小していたが「不安を吐き出すニーズは日々高まっている」と判断。今月2日から通常の態勢に戻した。遠方から通勤するスタッフの体調管理や面談室の換気を徹底する。

 新型コロナウイルス対策に、家庭内暴力(DV)・児童虐待防止の観点を盛り込んでほしい―。NPO法人「全国女性シェルターネット」(東京)は、国に要望書を出した。

 要望書は「暴力を受けても、感染不安から通院治療を控える当事者が増える」「事前準備なしの緊急一時避難が増える」など予測される事態を伝えた。

 共同代表の北仲千里・広島大准教授(社会学)は「こんな状況だからと耐えている被害者が多いのではないか。さまざまな支援機関が工夫しながら声を受け止めているので、我慢しないで助けを求めてほしい」と呼び掛けている。(久保友美恵、ラン暁雨)

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報