コラム・連載・特集

トラフグ編 <2> 岩国沖 唯一のはえ縄、資源を温存

2020/4/15 10:53
2キロ級のトラフグ。この後、針から外れて逃げた

2キロ級のトラフグ。この後、針から外れて逃げた

 米軍戦闘機が爆音を響かせ頭上をかすめて行く。すぐ沖に見えるのは山口、広島県境がある無人島の甲(かぶと)島。その西側に広がる米軍岩国基地の沖合海域は岩国市漁協の組合員しか操業できない。
(ここまで 92文字/記事全文 850文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧