コラム・連載・特集

トラフグ編 <3> 回遊魚 瀬戸内から外海へ広域移動

2020/4/16 10:49
トラフグの産卵場がある布刈瀬戸。向島と因島(向かい側)の間に因島大橋が架かる

トラフグの産卵場がある布刈瀬戸。向島と因島(向かい側)の間に因島大橋が架かる

 尾道市の向島と因島に挟まれた布刈(めかり)瀬戸はトラフグの有数の産卵場である。ここで産まれて外海で大きくなった親魚が4月末から5月初めに帰って来る。雄が雌を追いかけ回し、潮通しの良い砂地の海底に産卵、受精させる。
(ここまで 107文字/記事全文 840文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

漁の最新記事
一覧