コラム・連載・特集

【こちら編集局です】「キンキュウジタイセンゲンって何」 海外出身者、情報把握に壁 新型コロナ

2020/5/5 22:49
新型コロナウイルスに関する広島県や広島市の発表を英語に翻訳し、ツイッターに投稿するウォルシュさん

新型コロナウイルスに関する広島県や広島市の発表を英語に翻訳し、ツイッターに投稿するウォルシュさん

 ▽多言語発信 行政は工夫を

 「キンキュウジタイセンゲンって何、と最初は思った」―。英会話講師などとして働きながら広島県内に住む海外出身者が、新型コロナウイルス関連の地域情報をタイムリーに把握できず、不安を感じているという。県内にはさまざまな国から来た人が住む。日本語が読めない人もいる。現状を調べた。

 「会員制交流サイト(SNS)で『キュウギョウヨウセイ』を知った」。広島市内で英会話教室を開いているオーストラリア出身のミシェル・クロザーズさん=中区=は、県が政府の「緊急事態宣言」に基づいて対象施設に休業要請をした4月18日、友人の英語の書き込みを読んだ。自分の教室は対象なのか。今後どうすべきか。国や県の情報をネット上で探したが、たどり着けなかった。念のため当面の休業を決めた。

 県のホームページ(HP)は、県内の感染者数や相談窓口などの情報を9言語で掲載。ただ、HP内のどこにあるのか非常に分かりにくい。また、自動翻訳機能を使っているため「訳文が正しくない場合がある」とただし書きがある。

 県ブランド・コミュニケーション戦略チームによると、県公式ライン(LINE)やツイッターでも平易な日本語で情報を流している。しかしクロザーズさんは知らなかったという。日本語だと周知に限界がありそうだ。広島市のHPも、自動翻訳機能により英語や中国語で読めるが、知名度は十分でないようだ。

 「英語で情報を」との切実な声に応え、手弁当で奮闘している人に話を聞いた。英国出身で観光のインバウンド事業に携わるポール・ウォルシュさん(51)=東区=は県や市の発表資料、中国新聞の記事内容などを、自身が運営するHP「GetHiroshima(ゲット・ヒロシマ)」やツイッターに英語で投稿している。「多様な情報を可能な限りリアルタイムで届ける」よう心掛けている。

 広島在住約20年のウォルシュさんは「2018年の西日本豪雨でも似た状況だった」と話す。避難勧告の意味や、被災者支援の内容を発信した。今回も、休業要請に全面的に応じた個人事業主らに県が支給する協力金や、感染状況などの情報をボランティアで英訳し、連日流している。

 クロザーズさんは、5日の県対策本部の会議内容をウォルシュさんの投稿で確認した上で、教室の再開時期を判断するという。

 法務省によると県内の在留外国人は約5万4千人。家族構成や職業など事情は一人一人違う。「行政の努力だけでは限界があるかもしれないが、私たち当事者と連携すれば、より迅速で多様なニーズに対応した多言語発信ができるはず」とウォルシュさん。「行政が命と暮らしに関わる情報を外国人にも懸命に届けようとしている、と分かれば誰もが安心して暮らせる」(新山京子) 

 関連記事「感染状況や注意、5カ国語で紹介 HPで福山市」

 関連記事「外国人の再入国、行政書士が支援 福山、ビザ更新申請など」

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報