コラム・連載・特集

【ヒロシマの空白 被爆75年】街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

2020/5/10 19:58
現在の国泰寺高のグラウンドに立ち「この周りで広島一中の1年生が大勢亡くなりました」と語る福間さん。背後のビルは広島市役所(撮影・河合佑樹)

現在の国泰寺高のグラウンドに立ち「この周りで広島一中の1年生が大勢亡くなりました」と語る福間さん。背後のビルは広島市役所(撮影・河合佑樹)

 広島市中心部のデパートや商店、金融機関が集積するエリアからわずかに南へ下った国泰寺町(現中区)とその周辺には、市役所や広島赤十字病院があり、地元有名校が門を構えていた。75年前、多くの少年少女の命が絶たれた。赤十字病院は、瀕死(ひんし)の負傷者であふれかえった。原爆で奪われた街の姿を、学校や同窓会が保管するアルバムなどを手掛かりにひもとく。

 ▽戦争の影、授業わずか 動員中、多数が犠牲に

 必死の形相でたるをくぐり抜ける男子生徒や、リレーの選手たち。県立広島第一中(広島一中、現国泰寺高)の1942年3月の卒業アルバムに、運動会の躍動感あふれる様子が収められている。

 「素晴らしい先生や友だちに恵まれた。一中に通ったことは今でも誇りです」。44年入学の福間駿吉さん(88)=西区=が懐かしそうに語った。しかし、授業の記憶はわずかだ。戦時下の労働力不足を補うため8月に国が「学徒勤労令」を公布。中学生も軍需工場や畑での作業をさらに強いられるようになった。

 45年のあの日、1年生約300人のほぼ全員が雑魚場町(現国泰寺町)の校内やその近くで息絶えた。

 当時、戦争遂行に欠かせない施設を空襲時の延焼から守るとして、広島市役所付近の民家が立ち退きの対象になっていた。奇数学級の生徒が家屋を取り壊す「建物疎開」の作業に駆り出され、偶数学級は校内で待機していた。いずれも、爆心地から1キロ圏だった。

 一中は教職員を含め計369人を失った。2年生の福間さんは、広島市の西にある廿日市市の工場に動員されていた。生き残りとして、戦後を通じて後輩らの無念を胸に刻んできた。「慰霊碑に佇(た)てば聞こえてくるんです 被爆学徒の校歌絶唱」。昨年7月末、母校の慰霊祭で自作の短歌をささげた。

 広島では各校の12〜14歳の生徒らが建物疎開作業に動員され、原爆資料館などによると8200人以上が主に市中心部の6カ所で熱線を浴びた。約6300人が死亡したと推定されている。「雑魚場町」は、戦争動員がもたらした少年少女の犠牲を伝える代名詞の一つになった。

 一中の約250メートル北の下中町(現中町)にあった県立広島第一高等女学校(第一県女、現皆実高)も、校舎は壊滅。爆心地から約800メートル南西の小網町で建物疎開作業に出ていた1年生ら生徒281人が亡くなった。

 校舎跡に正門の門柱が残り、死没者を慰霊する「追憶之碑(ついおくのひ)」がたたずむ。2年生だった佐々木(旧姓三浦)和恵さん(89)=中区=は、近くを通ると必ず立ち寄る。「毎朝一緒に登校した下級生が犠牲になった」ことが心に重くのしかかっている。

 現在の国泰寺町かいわいから国道2号を挟み、旧広島大理学部1号館が残る。隣接地には高層マンションが並ぶ。れんが張りの被爆建物は老朽化が著しい。所有する広島市は一部保存へと腰を上げ、平和研究拠点として活用する計画を前に進め始めた。(桑島美帆)

 被爆前の基町と周辺、市内にあった軍用施設の写真約100枚を16日に、国泰寺地区と千田町付近の写真は30日にウェブサイト「ヒロシマの空白 街並み再現」で公開します。https://hiroshima75.web.app/

 広島市内の被爆前を捉えた写真を募集中です。ヒロシマ平和メディアセンターTel082(236)2801。

被爆前の本通り写真など200枚 広島県内7施設「消えた街」保存

街並み再現 本通りで生きていた被爆前

街並み再現・本通り<1>理髪店主のアルバム

街並み再現・本通り<2>キリンビヤホール

街並み再現・本通り<3>袋町国民学校

街並み再現・本通り<4>商店街

街並み再現・本通り<5>探し続けて

街並み再現 奪われた日常、地図とともに 中国新聞が写真紹介サイト開設

街並み再現 にぎわう八丁堀、戦前から

街並み再現 八丁堀、壊滅前の活気 中国新聞写真サイト、新たに110枚加わる

町並み再現 旧中島地区と周辺<上>「旧中島本町」

街並み再現 旧中島地区と周辺<下>「旧材木町など」

街並み再現 本川地区 児童や職人で活気

街並み再現 基町と周辺 軍都の象徴

街並み再現 国泰寺町 夢抱いた学びや

街並み再現 広島駅「軍都」の玄関口

被爆前の写真、ウェブに1000枚 読者提供続々

街並み再現 その他の写真

街並み再現 日常のカケラ、埋めていく

街並み再現 暮らし語る100枚 福山の遺族が写真保管

街並み再現 爆心地の島病院、継ぐ思い

この記事の写真

  • 1942年の卒業アルバムに掲載された広島一中の運動会の様子(鯉城同窓会提供)
  • 被爆後の1945年秋、広島市役所本庁舎屋上から北東方向を撮影。奥右に延びる塀の辺りが広島一中の焼け跡(林寿麿さん撮影、広島原爆被災撮影者の会提供)
  • 1937年12月の日中戦争「南京陥落」を祝い、銃を担いで広島市役所前を行進する兵士の列(迫青樹さん提供)
  • 校庭で測量の実習をする県女の生徒たち。1935年ごろ撮影(皆実有朋会提供)
  • 1939年5月に開院したころ撮影された日本赤十字社広島支部病院。直後に広島陸軍病院赤十字病院、43年には広島赤十字病院に改称(広島赤十字・原爆病院提供)
  • 竹内釼(けん)院長が指導する赤十字病院の実習風景。竹内院長は被爆時の骨折を押して負傷者の治療に当たった。1940年撮影 (広島赤十字・原爆病院提供)
  • 広島文理科大本館は戦後に広島大理学部1号館となり、1991年に閉鎖。所有する広島市は、E字形の被爆建物のうち、正面の棟だけをI字形に減築して保存する方針
  • 広島文理科大(現広島大)本館の屋上で園遊会を楽しむ広島高等師範学校の学生たち。1935年10月とみられる。東千田町周辺の街並みが写る。建物は被爆時に内部を全焼した(森岡正美さん提供、広島大文書館所蔵)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧