コラム・連載・特集

【高校野球 名将の伝言】中井哲之監督(57)=広陵(広島)<下>大人数でも全員に役割

2020/5/17 8:39
野球を通じた人間育成について語る中井監督

野球を通じた人間育成について語る中井監督

 ▽感謝する心は活躍の礎

 ―合言葉に「一人一役全員主役」を掲げています。どんな思いが込められていますか。

 約150人の部員がいる中で、18〜20人がベンチ入りメンバーに選ばれ、試合に先発するのは9人だけ。(ベンチ外の)控え選手には自分しかできないことを探せと言っている。応援団や補助員など皆に役割があるから、皆で勝とうと。思いは一つ。一人でも欠けたら広陵野球は成り立たない。最近は自主的に申し出てプライドを持って役割を果たしてくれる。

 ―どのような野球を目指していますか。

 生徒が自分たちで考えて行動し、継続する。試合中に監督がサインを出したとしても、それを選手が予想できるチームは強い。複数人コーチがいるので、練習で細かい口出しはしない。しっかり生徒を見てあげるのが自分の仕事。分からないことは、選手同士で話し合える雰囲気がチームにある。
(ここまで 370文字/記事全文 1184文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 話題の最新記事
一覧

  • 春季広島大会、17日は雨天中止 (4/17)

     春季広島県高校野球大会第1日は17日、みよし運動公園などで予定していた1回戦8試合が雨天中止となった。

  • 32校の対戦決まる 17日から春季広島大会 (4/13)

     春季広島県高校野球大会の組み合わせ抽選会が12日、福山市のエフピコアリーナふくやまであった。32校が出場し、17日から県内3会場で熱戦を繰り広げる。決勝は5月8日にみよし運動公園野球場である。

  • 夏の広島大会7月10日開幕 県高野連、21年度日程 (4/2)

     広島県高野連は1日、2021年度の大会日程を発表した。2年ぶりに開催予定の第103回全国高校選手権広島大会は7月10日に広島市南区のマツダスタジアムで開幕する。

  • 新庄、躍動の春心待ち 20年中止のセンバツ、出場校29日発表 (1/25)

     ▽2年連続選出ほぼ確実 先輩の思いも胸に汗 選抜高校野球大会の出場校が29日に発表される。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止。1年前、出場が決まりながら甲子園のグラウンドに立てなかった新庄(広...

  • 2個人1校を表彰 広島県高野連 (1/14)

     広島県高野連は13日、日本学生野球協会優秀選手に選ばれた広島商の3年中島勇介前主将(18)と県高野連会長表彰を受けた新庄の3年飛谷陸広さん(18)、さわやか賞に決まった尾道北の2個人1団体を表彰した...