マツダ100年 車づくりと地域

【マツダ100年 作品中の名車】反原爆訴える街宣車で登場 映画「黒い雨」の三輪トラック

特集・関連記事2020/5/27
黒い雨の撮影に臨んだ三輪トラックと能宗さん=1988年8月(福山自動車時計博物館提供)

黒い雨の撮影に臨んだ三輪トラックと能宗さん=1988年8月(福山自動車時計博物館提供)

 ▽福山の博物館長が協力 
 
 原作は福山市出身の作家井伏鱒二の小説。今村昌平監督が1989年、全編モノクロで広島の原爆の惨状や被爆者の苦悩を表現した。戦後の一場面に「バタンコ」と呼ばれたマツダの三輪トラックが登場する。福山自動車時計博物館(福山市)の能宗孝館長(76)のコレクションだ。運転手役で自らも出演した。
(ここまで 156文字/記事全文 512文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

特集・関連記事の最新記事
一覧