コラム・連載・特集

山口県高野連も代替大会 7月11日から

2020/6/6 22:49

 山口県高野連は6日、山口市内で臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権大会の地方大会に代わる独自の県大会を7月11日から開催すると決めた。中国地方全ての県で代替大会が開かれることになった。

 【ダイジェスト】新型コロナウイルス感染拡大 危機の中の中国地方


 期間は8月1日までの土日の7日間。学業に支障が出ないよう登校日を避けて日程を組んだ。柳井市のビジコム柳井スタジアムなど6球場を会場にトーナメント方式で戦う。感染予防のため開会式は実施せず、選手の検温や行動歴記録シートの記入などを義務付ける。原則無観客とし、ベンチ外の選手はスタンドで応援する。保護者の観戦については別途検討する。

 抽選会は6月20日、岩国市の高森高など4校で地区ごとに実施し、各校の部長のみ参加する。藤村慎一郎会長は「気持ちが先行してけがをしないよう気を付け、全力を尽くしてほしい」とエールを送った。

 軟式の大会も7月25、26日に開く。(東聡海) 

関連記事「高校球児ら喜びの声 山口県高野連、代替大会開催決まる」

関連記事「山口県高校文化祭、7月に代替大会 県教委、ネットで演劇や合唱」

関連記事「広島県高野連、代替大会の開催決定 鳥取県高野連も 新型コロナ対応」

関連記事「感染なき「最後の夏」追求 岡山代替大会、保護者観戦は未定」

関連記事「7月に独自地方大会 夏の高校野球中止で島根県高野連検討」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

山口 話題の最新記事
一覧