コラム・連載・特集

高校野球広島代替大会の組み合わせ決定 7月11日から90校88チームが出場

2020/6/28 20:54

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となった全国高校野球選手権広島大会に代わる夏季広島県高校野球大会の組み合わせ抽選会が28日、広島市内であった。90校88チームが出場し、7月11日から熱戦を繰り広げる。

 抽選会は県高野連の理事ら25人が出席。6地区の代表理事が各校の代理でくじを引いた。上位8校がシード権を得る春の県大会が中止となったため、シード校はなしとした。昨秋1位の新庄は初戦で工大高と対戦。昨夏優勝の広島商は英数学館と顔を合わせる。

 4回戦以降は再度、組み合わせ抽選を行い、会場などを決める。決勝は8月8日に鶴岡一人記念球場で開催される予定。予備日は同9日で、天候不良による打ち切りの可能性もある。

 県高野連の板森匡祐理事長は「3年生にとって本年度、最初で最後の大会。精いっぱい練習して試合に臨んでほしい」と話した。(西村萌) 

関連記事「山口の代替大会、55チームの対戦決まる 7月11日に開幕」

関連記事「石見智翠館と浜田が初戦 島根の代替大会、39校の対戦相手決まる」

関連記事「岡山県高校野球代替大会18日開幕、無観客で58校対戦」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島 話題の最新記事
一覧

  • 春季広島大会、17日は8試合雨天中止 24・25日に延期 (4/17)

     春季広島県高校野球大会第1日は17日、みよし運動公園などで予定していた1回戦8試合が雨天のため中止となった。24、25日に延期される。 18日は当初の予定通り、1回戦8試合が3球場で実施される。

  • 32校の対戦決まる 17日から春季広島大会 (4/13)

     春季広島県高校野球大会の組み合わせ抽選会が12日、福山市のエフピコアリーナふくやまであった。32校が出場し、17日から県内3会場で熱戦を繰り広げる。決勝は5月8日にみよし運動公園野球場である。

  • 夏の広島大会7月10日開幕 県高野連、21年度日程 (4/2)

     広島県高野連は1日、2021年度の大会日程を発表した。2年ぶりに開催予定の第103回全国高校選手権広島大会は7月10日に広島市南区のマツダスタジアムで開幕する。

  • 新庄、躍動の春心待ち 20年中止のセンバツ、出場校29日発表 (1/25)

     ▽2年連続選出ほぼ確実 先輩の思いも胸に汗 選抜高校野球大会の出場校が29日に発表される。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止。1年前、出場が決まりながら甲子園のグラウンドに立てなかった新庄(広...

  • 2個人1校を表彰 広島県高野連 (1/14)

     広島県高野連は13日、日本学生野球協会優秀選手に選ばれた広島商の3年中島勇介前主将(18)と県高野連会長表彰を受けた新庄の3年飛谷陸広さん(18)、さわやか賞に決まった尾道北の2個人1団体を表彰した...