コラム・連載・特集

【こちら編集局です】新型コロナ再拡大、今夏の帰省どうする リスク回避へ「自粛」多数

2020/8/4 23:26

 ▽「Go To」に批判も

 新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、お盆の帰省はどうしますか―。編集局が無料通信アプリLINE(ライン)で意見を募ると、150件を超える声が寄せられた。多数を占めたのが、感染リスク回避のための「自粛」の決断。その一方、観光支援事業「Go To トラベル」を進める政府に「なぜ今」など批判も目立った。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 「弔う気持ちがあればどこでも、と言い聞かせていますが、もどかしい」。今春、就職で広島を離れた福岡県のエンジニア女性(23)は、悲痛な思いをラインにつづった。6月に亡くなった祖母の初盆だが、帰省を断念した。鹿児島への帰省を控える三次市の60代パート女性は「1人暮らしをする父の様子を見に、年1回は帰るようにしていたのに」と落胆する。

 帰省する側だけでなく、迎える側も寂しさが募る。広島市佐伯区の女性(78)は、東京で暮らす長女一家が盆に帰ってこない。「楽しみにしていたのに本当にショック。顔を見て孫の話を聞きたかった」

 車のナンバープレートで居住地が分かるため、我慢するという声も少なくなかった。安佐北区の女性(57)は「見つかったら何を言われるか分かんない。自粛警察もいる」。南区の主婦は「近所の目が気になると、大阪の家族は帰省をやめました」と打ち明ける。

 帰省しない理由には「介護施設の方針を受けて」との声もあった。東広島市の70代主婦の夫が通うデイサービス施設には「東京の人と接触したら2週間利用できない」というルールがある。主婦は「娘に泣く泣く帰省を諦めてもらった」。福山市の50代自営業女性も義父がデイサービスに通えなくなるため、神奈川の娘が帰れないという。

 帰省について、中国地方知事会は3日、慎重に考えるよう5県の県民に呼び掛けるメッセージを出した。政府も近く専門家の意見を踏まえて方針を示すという。しかし、観光を促すGoTo事業は続いている。山口県の50代主婦は「こちらは広島への帰省を諦めて寂しい気持ちでいっぱいなのに、税金で観光推進するのは納得がいかない」と腹立ちを隠せない。

 自粛が目立つ中、対策を取りながら帰省するという声も寄せられた。東広島市の40代パート女性は「義理の親が初期の認知症と診断された。しっかりしているうちに孫に会わせたい」と帰る理由をつづる。

 対応を決めかねている人もいる。広島県外に就職したばかりの娘がいる西区の自営業女性(55)は「『みんな(家族)に会いたい』と連絡が来る。新しい環境で1人で頑張っている娘のメンタルも心配。頭を抱えています」と吐露した。(小林可奈) 

関連記事「【新型コロナ 揺れる地方経済】<2>観光 宿泊施設の稼働率急落、テレワーク向けなど模索」

関連記事「プレミアム宿泊券、ネットオークションで高値転売横行 山口県など発行に多額の税金」

関連記事「島根県内の観光地も困惑 GoTo初日、高齢化地域「感染拡大心配」」

関連記事「宮島口フェリーターミナルで来島者検温 20年度末まで水際対策、GoToトラベルに合わせ廿日市市」


  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報