コラム・連載・特集

裁判にかかわらず辞職を/反省見えぬ 与野党の広島県組織

2020/8/25 23:06

 初公判で無罪を主張した河井克行、案里両被告に対し、与野党の広島県組織の幹部たちは憤りをあらわにした。現金を受け取ったとされる被買収側の地方議員に対しては、説明責任を果たすようそろって求めた。

 両被告が6月に逮捕される直前まで所属した自民党県連の宇田伸幹事長は「夫妻それぞれの立場で無罪を主張したのだろうが、真実は公判で明らかになる」と述べ、裁判の行方を注視する考えを示した。
(ここまで 188文字/記事全文 809文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧