コラム・連載・特集

買収額最高は亀井静氏元秘書 300万円、克行被告からか

2020/8/25 23:51

 25日の初公判で明らかになった大規模買収事件の被買収者100人のうち、最高額は亀井静香・元金融担当相の元公設秘書男性の300万円。河井克行被告から受け取ったとされる。

 起訴状の別表や関係者によると、克行被告は昨年5月31日に広島市安佐南区の自身の事務所で100万円、参院選公示前日の同7月3日に広島市内のホテルの個室で200万円を渡したとされる。克行被告は初公判の罪状認否で「金額が私の記憶と明らかに異なる」と主張した。
(ここまで 211文字/記事全文 344文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧