コラム・連載・特集

20万円入り封筒「置き逃げされた」安芸太田町議長が説明 河井夫妻買収事件

2020/8/27 20:20
連絡会議終了後、克行氏が自宅に来た際の状況などを説明する矢立議長

連絡会議終了後、克行氏が自宅に来た際の状況などを説明する矢立議長

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、広島県安芸太田町議会の矢立孝彦議長(67)が27日、参院選前の昨年3月に前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=から現金入り封筒を差し出された状況を町議会で説明した。公選法違反(買収など)の罪に問われた克行被告と妻の案里被告(46)=参院広島=の初公判で、被買収者の1人として名前が挙がったことを踏まえた。

 任意で設置された非公開の連絡会議で述べた。矢立氏によると昨年3月23日、自宅を訪ねて来た克行氏が参院選の話をした後、机の上に現金20万円入りの封筒を置いて帰ったと説明した。「押し問答する間もなく置き逃げされた」と、現金受領には当たらないとの認識も示したという。

 現金入りの封筒は「しかるべき機関へ提出した」としたが、提出機関名とその時期は明かさなかった。

 連絡会議には町議全12人が出席。町議からは「(4月に)小坂真治前町長が受領を明らかにした際に、なぜ公表しなかったのか」などの意見が出たという。

 矢立氏は連絡会議終了後、自身の進退について「今後、裁判などがどう推移するか分からないので白紙だ」と述べた。(山田太一)

【関連記事】

【激震 前法相夫妻公判】被買収側議員の政治的責任は 広島県議と広島市議に各13人

「被買収者」の地元政治家40人明らかに 河井夫妻買収事件初公判

【特集】河井夫妻買収事件公判

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

河井夫妻買収事件公判の最新記事
一覧